【期間工体験談】交代勤務は寝れないのウソとホント。

仕事

交代勤務が寝れない理由。

それは、睡眠時間のズレ。

このズレを最小限にすれば、比較的楽に対応できます。

ただ、やはり、一週間ごとに変わるような交代勤務だと、月曜日は皆眠そうな顔をしています。

眠そうな人の行動

よく遊びにいく。

例えば、交代勤務が、

  • 06:00〜15:00
  • 15:00〜23:00

この2パターンだったとしましょう。

これが一週間ごとに変わるとします。

そうすると、共通して空いているフリーの時間は、

23:00〜06:00までの間です。

もちろん、ある程度決まった時間に寝ないと、睡眠不足になりがちです。

通勤時間、朝の準備や夜のお風呂等をそれぞれ1時間半かけるとすると、

00:30〜04:30

この時間4時間が共通して間違いなく寝れる時間になるわけです。

この時間に寝ずに行動してしまうと、いわゆる交代勤務のせいで寝れないになりがちです。

もちろん7時間全て同じではないので、眠いには眠いです。

それは事実です。

ただ、この4時間についてきちんと理解をしないと、かなりストレスがたまります。

まず、ここを理解しましょう。

実際に行動したシチュエーション

では、どう行動するのが寝れるに近づくのか。

先ほどの例をもう一度出してみます。

共通して働いている時間、もしくはどちらかの勤務で働いている時間を見てみます。

06:00〜23:00

これが寝ていなくても問題のない時間になります。

こう考えると、

A勤務15:00〜23:00のときは、

06:00〜15:00の間。

逆に、

B勤務06:00〜15:00の勤務の間は、

15:00〜23:00の間。

これが、仕事がなくても活動していても問題のない時間になります。

つまり、必然的に、上の例で言う、A勤務の場合、06:00〜15:00の仕事前の時間を、活用していかなければなりません。

よくみんなが仕事終わりにする、ゆっくり読書とかを仕事前にしていかなければなりません。

こうなると、友人と遊ぶのを仕事前にするか、減らしていかなければキツイ勤務になってしまいます。

そうなると寝れません。

自分の生活をしっかりと交代勤務に合わせることが必要です。

とはいえ、慣れます。

勉強できる人って夜より朝派の人が多いですが、実際問題、仕事前に色々やった方が作業が捗ります。

交代勤務やりながら、勉強してましたが、仕事終わりより、仕事前の方が格段に効率が上がってました。

なので、仕事前に活動するのめんどくさいって人もいざやってみると、逆に活動的になったりします。

なにより、仕事終わりの後片付けの時に眠たくなる方が、自分の力を無駄にしなくて済みます。

睡眠の手助けを使っていく

睡眠は質も重要です。

明るいうちに寝なければいけない場合もある交代勤務。

しっかりとその対策もしていかないと、シンドイ思いをします。

アイマスクも自分の場合は結構高いの使ってました。

正直、結構価値あります。

なんせ1日7時間とか使うわけですから。

あとは、しっかり夜にお風呂を入る。

寝る前にスマホを見ない。

当たり前のことですが、それができる環境を自分で作ることが快眠につながります。

睡眠不足はパフォーマンスに悪影響です。

寝ないで頑張らないといけない時もありますが、わざわざ、睡眠の質を落とす必要はありません。

睡眠時間と睡眠の質はまた別です。

昼の明るい中での睡眠だけでは、快眠とはいえません。

少なからず、100均でも安いのがあるので活用してください。

まとめ

交代勤務は睡眠が重要でもあります。

しかし、すごい大変かと言われればそうでもありません。

睡眠時間がバラバラになってしまう、24時間勤務制などに比べれば楽だなと感じます。(実体験として)

しっかりと対策をしていけば難しいことはありません。

あなたの交代勤務が上手くいくように願っています。

以上、ヒラマンでした。

【完全版】なぜ出稼ぎには期間従業員が最適なのか。おすすめの理由を徹底解明!

ヒラマン期間工になるってさ

タイトルとURLをコピーしました