工場の夜勤はメリットしかないので説明しようと思う

仕事

工場の夜勤にはメリットしかない。

なぜか。

まず、うるさい上司の数が減る。

夜は大抵、下の人たちが多い。

偉い人が深夜1時に出勤してきたりしないわけです。

非常に楽です。

給料が良い

基本的に深夜手当がつきます。

交代勤務の工場では、交代手当も多く支給。

うるさい上司がおらず、楽な状態で給料が良い。

こんな普通の、そしてこれ以上のメリットは普通ありません。

店が空いている

あの店に行きたい。

そう思っても、休日だったり、平日の仕事終わりなんかに行ってしまうと、混んでいます。

しかし、夜勤だと、会社帰りにお店によれば、平日の空いてる時間にいくことができます。

非常にメリットが大きいです。

おなじ、店なのに、待ち時間がすくない。

人も少なくて、ストレスも減る。

嬉しいばかりです。

また、銀行や役所なんかも毎日いけます。

仕事中に中抜けとかして、周りからの視線が痛い。

なんてことはありません。

なぜか感謝される

夜勤大変だからね。

そう言われます。

ただ、うるさい上司はいないし、時間は短いことが多いし、楽なんだけどな。

そんなことはわざわざ自分の口からは言いませんが。

ただ、この感謝されるのはなかなか悪い気がしません。

自分は楽で、相手は感謝してくれる。

良いことしてくれる人認定を勝手にしてくれます。

通勤が楽

通勤時間の何が辛いかとゆうと、人の多さ。

会社はどこも9時からスタート。

個人によって遅い早い。

遠い近いがあります。

しかし、夜勤だと、明らかに時間が違うわけです。

通勤時間に、電車が混んでいたり、道路が混んでいたりすることがありません。

ここでも、時間の節約にもなりますし、ストレスが減ります。

これにハマってしまうと、もう夜勤しかできなくなります。

人間関係も良い

うるさい上司がいないとゆうのは自分だけのメリットではありません。

同僚にとってのメリットでもあります。

つまり、同僚もストレス減で過ごしています。

そんな人たちとの関係は良好に進みます。

普段日中ではできないおふざけも多少できます。

自分の感覚では、ストレス3割減って感じです。

まとめ

いろいろと、普通の勤務している人との違いがある夜勤。

不安も、なんとなく嫌だなと思う人もいるかもしれませんが、自分は割と好きです。

むしろ毎日夜勤でも良いなと思うくらいです。

同じ時間、同じ仕事内容で給料がよくてストレスが少ない。

こんなメリット。

逃す手はないですよ。

そう思います。

以上、ヒラマンでした。

期間工の仕事を探してみる【仕事



【完全版】なぜ出稼ぎには期間従業員が最適なのか。おすすめの理由を徹底解明!

タイトルとURLをコピーしました