格闘技の仕事よりも警備会社を狙うべき理由を語る

仕事

格闘技の仕事はなかなか食べていけない。

そんなことはわかっていて、ずっと探している人がいます。

そんな人は少し視点を変えてみることをおすすめします。

要は、お笑いと同じことなんです。

格闘家の実際

格闘家は技術を磨く、もしくは技術を伝える等で稼ごうとします。

そして、その技術や勝敗を見せることで観客に喜んでもらおうとするわけです。

素晴らしいことですよ。

見てて楽しいです。

井上尚弥さん、朝倉未来さん。

すげえって思いますよ。

しかし、エンターテインメントだけでは稼げないと気づいた人たちは多い。

そんな人たちが、ジムのトレーナーになったり、一般企業を探しはじめます。

特技を生かす!

よく、特技を生かそう。

そんな言葉を聞きます。

しかし、そんなことでおすすめしているわけではありません。

果たして、なぜ格闘技をやるのでしょう。

強くなりたい。自分のため。

多いに結構です。

それも事実でしょう。

そして、事実は1つだけでしょうか。

きっと、家族を守れると思っている人、友人を守れる。

そう思っている人は多いでしょう。

一番の理由ではないにしろ、心の隅っこくらいにはいるはずです。

お笑い芸人と一緒です。

お笑い芸人も、大勢の人の前に立って、大いに人を笑わせて、楽しませる。

それには技術もあるし、最高のエンターテインメントです。

しかし、お笑い芸人の世界も厳しいものです。

諦める人は多い。

ただ、人を笑わせることって、エンターテインメントだけでしょうか?

笑うことで、ストレスが減るし、病気になる確率も減ります。

これは、何番目かはわかりません。

でもきっと、お笑いやってる人が心のどこかで思うことでしょう。

そんな効果があれば、と。

警備会社を目指せ。

さて、あなたのその格闘技の技術は、エンターテインメントだけでしょうか。

それとも、エンターテインメントへの貢献ですか?

それともジムのダイエットアシスタント?

あなたの格闘技の技術を生かせる場があります。

その技術を持ってして、

「人を助けるため」

そういった理由で、働いてみるのはどうでしょうか。

あなたにとって何番目の理由かはわかりませんが、良い選択肢の一つだと、私は思います。

まとめ

わかりやすく、お笑い芸人と一緒ですと書きました。

しかし、基本的にはどんな仕事にも言えるでしょう。

格闘技を使って人を喜ばせたい。

エンターテインメントとは違っているかもしれませんが、それが叶う道があるならば選んでも良いんじゃないか?

そう思った人はいろいろな求人を見てみると良いです。

自分が想像しなかった求人も見つかるかもしれません。

今は、特技がある人は転職エージェントも利用しやすくなっています。

そうなると自分が探さなくても、メールであなたの技術を必要としている人から連絡がきます。

登録して、自分にどんな可能性があるのか。

求人のオファーを見てみると、一体誰に、その技術が求められているのか知る機会になるでしょう。

転職の成功、願っています。

以上、ヒラマンでした。

タイトルとURLをコピーしました