初めて来た方にまず読んで欲しい記事5選
クリック

警備員アルバイトが楽すぎる!のんびり仕事をするなら警備員がおすすめ。

仕事

警備員の仕事は実はとても楽な仕事。

 

なんせ、何かあった時の警備員!!

 

そう、

何もない時はなんです。

 

じゃあ警備員になろう!そう思ったあなた!

 

ちょっと待ってください。実は警備員にはいろいろと種類があるんです。

 

何もない時にもせっせと働かないといけない警備もあります。

ちゃんと調べないと、こんなハズじゃなかったのにと後悔することになりますよ。

 

警備の業務は主にわけて、4つです。

 

さらにそこから細分化してきます。

 

第1号警備業務

建物に関する警備が主体

 

常駐警備業務(施設警備業務)

建物内に常駐して、出入館者のチェックや館内巡回等をする。

 

  • 雨風もしのげ、座りながら出入りしている人を眺めたりたり、モニターをチェックする。
  • 数時間に1度館内を巡回(施錠の確認、不審物・不審人物の確認)等をする。
  • 夜間常駐の場合、出入り管理もほとんどなく、本を熟読出来てしまう。

 

職務的には、鍵の貸し出しがある場合は、最初のうちは顔と名前が一致しないことが大変。

 

また、毎回身分証を確認しなければ鍵を貸し出せない場合等があるため、イライラしている人に出会う確率は増える。

 

ただ、総合的に見ると、非常に楽な部類といえます。

 

何か書いてるフリして勉強とか出来たりすることもあります。

 

巡回警備業務

一つの施設に常駐せず、複数施設を巡回し続ける。

 

  • 常に歩き回ることになるため、体力が必要。
  • 人と関わる必要がないため、対人関係を気にする必要がない。
  • 確認しながら歩くことが前提となるため、歩くことをせかされることはない。

 

歩くのが大変ではあるものの、誰とかかわる事もなく業務が終了することもある。

 

対人関係の面では非常に楽、歩くため健康的でもあるでしょう。

 

保安警備業務

デパートやスーパー等の警備

 

  • 万引き等の犯罪行為防止のため店内巡回や犯人逮捕。
  • 監視カメラで店内監視する場合等もある。
  • 勘違いして、関係ない人を捕らえてしまうとクレームのもとになってしまう。

 

私服で店内等を警戒することもあるため、その際は一般客のようにふるまうこともある。

 

最も犯罪者と直接対峙することが多いため、ケガ等の心配がある。

 

一人がモニターで動きをチェックして、もう一人が店内を動くなど、連携が必要となるため、あまり気楽とは言えない

 

空港保安警備業務

空港内に関する警備業務

 

  • 空港保安警備業務は空港自体が、施設として巨大であるため、業務が多岐にわたっている。
  • 空港にしかないような特殊な警備業務が多い

 

配置される場所により、難易度等は変わってくる。

 

やることが多いため、楽さを求めるのであれば、空港は避けたほうが無難です。

 

駐車場警備業務

敷地内の駐車場等の警備

 

  • 車が常に来るため忙しいことが多い。
  • 外での業務のため、雨風がひどいと大変。夏は日焼け止め対策必須。
  • 常に立ちっぱなしのため、疲れる。

 

仕事内容は、空いている駐車スペースに車を誘導する等、あまり難しい業務ではありません。

 

ただ、休憩時間とゆうか、椅子に座れる時間や、気が休まる時間が他の警備業務より少なく思えます。

 

正直、あまりおすすめしません。

 

機械警備業務

建物内にセンサーを設置して、何かあれば待機所から車で施設に向かう。

 

  • 勤務時間が24時間勤務等、長いことが多い。
  • 忙しいと全く寝れないこともある。
  • 何もなければ、待機所内で何をやっていても許されることが多い。

 

かなり会社によって忙しさが左右される印象。

 

筆者は機械警備の会社での勤務経験が一番多いですが、何もなければゴロゴロしていることすら許されていました。

 

まわりはみんな資格の勉強等をしていました。

 

もし、

とりあえず仕事をしながら資格を取りたい、勉強したいとゆう人にはおすすめです。

 

アルバイト募集は少なく、契約社員や正社員が多いです。

 

デメリットとしては、仮眠時間があるものの何かあれば出動するため、細切れになったり、ねれなかったりするため、体調管理が大変になります。

 

 

第2号警備業務

人や車の誘導。

 

雑踏警備業務

イベント等での警備が多い

 

  • 道案内等、人とかかわることが多い。
  • 暇だと感じることは少ない。
  • トラブルが多い。

 

基本的は人が多い場所での警備となるため、やることは多い。

 

人や車が行き交う場所に立ち、ほとんど外での業務になるため、雨風の影響もある。

 

2号業務全体に言えることではあるが、楽だと感じることは他の警備業務に比べて少ない。

 

ただ、アルバイトの求人は多い印象

 

楽したいなら、おすすめはしない。

 

交通誘導警備

道路工事の際に、道路に立って車を誘導する

 

  • 外での仕事しかありえない
  • 工事業者から怒られることが多い。
  • 場所によってはトイレもままならない場所も

 

一時期、社会問題となったオムツをしていた警備員がいたのは、この業務です。

 

交代者がいない場合は、業者に一時的に頼まないといけない場合もあるため、なかなかトイレに行きづらい場合等もある。

 

常に車が来るため忙しい。

 

ただ、交代者を用意している場合が最近は多く、1人で十分な場所で2人いる場合等は、休憩が非常に多くなる

 

それでも、やはり外作業のため、体力の消耗も激しい、施設関係の警備業務より圧倒的に大変である。

 

大変だからか、やはりこれも求人が多い。

 

第3号警備業務

基本的には輸送に関する業務。アルバイト求人はほぼなく正社員雇用がほとんどである。

 

貴重品運搬警備業務

現金輸送と呼ばれるものが多いが、美術品等も運ぶ

 

  • 高額な物を取り扱うため、かなり細かく、厳しい指示がある。
  • 他の警備は犯人はほとんど逃げていくが、自分が警備員が対象として襲われる。
  • 残業が多く、自分が当日に何時に帰れるかすらわからない。

 

常に気を張らなければ、自分が襲われることになるため、気が休まらない。

 

二人以上の人数で動くことになる。

 

危険が伴い、楽な仕事ではない。

 

核燃料物質等危険物運搬業務

 

ほぼ求人無し

 

 

第4号警備業務

ボディガード業務

 

要人、政府関係者、会社役員等の警備。

 

  • 人から目につきやすいところで仕事をすることになる。
  • かなりプロフェッショナルな部分があり、非常に厳しい職場である
  • 昼夜問わず勤務しなければいけない場合等があり、常に変化があるため難しい業務の連続

 

基本的に要人の近くにいるため、変なことをすると、依頼主からも怒られ、上司からも怒られる。

 

常に人の目があるため、楽することは出来ない。

 

まとめ

さて、結局一番楽なのは、夜間の施設警備員でしょう。

 

暇すぎて何時間も勉強出来たりする場合もあります。

 

機械警備もなかなか時間があります。

 

ただ、拘束時間が長いデメリットがあります。

 

でもまぁ、家でやることないなら特に気にならないでしょう。

 

もちろん、何かあったら危険が伴う業務ではありますので、気をつけつつ、楽に仕事していきましょう。

 

そして、余った時間は上手く使っていきましょう。

 

どうせなら、

 

楽しく。

 

ですよ!

 

以上、ヒラマンでした。

 

ちなみに、警備会社の退職時にこんなイベントがあったのでこちらの記事もどうぞ。

証拠を集めて会社に残業代(みなし休憩分)請求したら示談になった時の話。
残業代が支払われない。 そんな文句を言っても、結局返ってくる言葉は、 「お前らは権利ばっかり主張する」 「どこの会社でもこのくらいは・・・。」 そんな会社に退職時に合わせて、証拠を集めて残業代の請求したときの...

 

 

 

 

 

コメント