期間工を三ヶ月だけやった人を隣で見ていた話

仕事

期間工を調べてみると、最低契約期間が会社によって分かれています。

色々調べてみたところ、3ヶ月が一番短い契約期間かなと思います。

そんな場所で自分は更新しながら働いていたわけです。

しかし、一緒に入社した人は自分とは違いました。

俺、退職するわ

なんとなく、短い契約期間になることを匂わせていた人でした。

どうやら、九州の方で別の会社での期間工をやっていたみたいです。

三ヶ月での退職。

たかだか三ヶ月の勤務だったのに、上司に文句を言いまくってやめてました。

まあ、こんなんじゃ、期間工が低くみられるのも納得だなと思いました。

別に三ヶ月で止めること自体は、個人の自由ですが。

メリット

契約期間によって少しメリットが違います。

6ヶ月はちょうど有給支給のタイミングなんで、9ヶ月のが得だと思います。

そんで12ヶ月よりも15ヶ月、失業保険もらえるようになるから。

そうゆうメリットを考えないともったいないです。

3ヶ月の場合は、気楽ってのが大きいですね。

それ以外は特にない。

でも、赴任手当が1週間でもらえ、入社祝金が1ヶ月でもらえる。

そして、3ヶ月で満了手当金。

それで、給料。

コレだけで、100万円余裕で超えます。

そして、住んでいる地域と違う場所。

外に出れば観光気分。

そう考えると、3ヶ月ってのはなかなかメリットがあります。

どんなに辛くても、3ヶ月くらいは気合でなんとかなりそうですし。

どうせ辞めるしって開き直れる。

良いと思ったら、続ければ良い。

その選択肢は自分の手の中。

自由です。

辞めた後の周りの反応

さすが期間工。

寂しいものです。

次の日には誰もその人の話はしていませんでした。

そりゃそうです。

部署移動なんかも結構頻繁にあって、勤続数十年の人たちもいます。

そんな中でたった三ヶ月。

誰も思い出してはくれないでしょう。

ただ、早く辞めたいと思っている人には好都合です。

あなたが辞めても、誰も気にもしません。

短い期間で辞めても大して気にする必要はないでしょう。

上司からの引き留めはある

辞めるときの上司からの引き留めはあります。

なんせ、せっかくやり方教えたし、今後のシフトの関係もあります。

しかし会社と個人の雇用契約です。

上司がなんか言っても、特に何か問題が生じるわけではありません。

「無理です。」

その一言を繰り返せば終わるだけの話です。

まとめ

三ヶ月とゆう短い期間での退職は、実際どうなのかな?

そう思う人もいるでしょう。

ですが、特に問題ないです。

気にせず行動するべし。

自分の人生は自分で切り開きましょう。

以上、ヒラマンでした。

高収入や寮完備のシゴトが満載!
工場系シゴト情報求人サイト「工場求人ナビ」



タイトルとURLをコピーしました