旅行は仕事を辞めていくのが良いとゆう話

※本ページはプロモーションが含まれています。

仕事

旅行するには仕事を辞めていくとゆうのはいかがでしょうか。

そのメリットもたくさんあります。

スポンサーリンク

旅行の時間的制限

旅行しようとするとどうしても付き纏ってくる時間的な制限。

それが少なくて済むのならそれに越したことはありません。

次の日仕事の絶望感

せっかくの楽しい旅行も次の日が仕事となると楽しさ半減です。

むしろ絶望すら感じます。

旅行は楽しい。

でも、もう少し改善できる手法があるのでは?

そう思うわけです。

行けるところの少なさ

時間的な制約があると必然的に行けるところが少なくなってきます。

ここもいきたい、あそこもいきたいとなっても、残念ながらそのようにはいきません。

なんとか時間内に収めるように組んだ予定。

こんなはずじゃなかったのに、そう思うこともあるでしょう。

急げ急げの旅

次の電車に乗らなきゃ、何時までにここを出なきゃ。

そんな急げ急げの旅になった経験はありませんか。

そして、間に合わなかったりのトラブル。

もちろんそういったことも含めての思い出でもあります。

しかし、どうにかならないものかなんて考えます。

ゆったりとまったりとした旅

では逆にゆったり、まったりとした旅はどうでしょう。

時間を気にしない

当然ですが、時間を気にしなくても良いのです。

ああ、電車行っちゃった。

次ので良いか。

あ、近くに海がある。

次の電車までそこで時間潰すか。

なんてことも可能です。

ゆったりとした旅行、結構良いのです。

当日に行先変更も可能

時間的な余裕がない時は予定をキチキチ組んでいる人も多いでしょう。

しかし、まったり旅ならば当日に行先変更することだって可能です。

近辺を調べていると、ここ行きたいなと思える場所を新たに発見するなんてことは普通にあります。

そういった時に余裕のある旅は充実した旅行を実現してくれます。

まだいたいならいるとゆう選択

旅行していると、まだ色々見たいところがあるなと思うことがあります。

ちょっと時間に余裕がある程度だと、その場にずっと留まり続けるとゆうこともなかなかできません。

この景色をまだ見ていたい、そんな希望があれば、それもまた自由です。

休日に旅行すると、休日が休日ではなくなる

休日は休むためにあるのに、外出るのは疲れる。

それはもはや休みではない。

疲労

旅行は楽しいです。

そのことについては全く否定しません。

本当に楽しい。

ただ、楽しい分、疲れます。

コレも明らかです。

無理やり予定を完遂するために電車を乗り継いだり、最寄駅に着いたら目的地まで歩かなければいけなかったり、目的地についても歩かなければいけなかったり。

とにかく疲れてしまいます。

次の日辛い

楽しい思い出のあとの疲労感、次の日は楽しかった思い出をたくさん抱えるのと同時に仕事への辛さを感じます。

楽しい思いをした次の日なので仕事のやる気が出ないとゆうだけではなく、疲労の次の日です。

とても仕事の動きが悪く感じます。

しかも、コレが職場の人に旅行行ったことを知られているなら、動きが悪い理由なんてバレバレなわけです。

色んな意味で辛い。

いつ休むの?って話になる

せっかくの休日を疲れるイベント(あえてこう書かせていただきます)を入れているわけです。

休日は休むためにあるのです。

いつ休むんですかソレ。

つまり、仕事をして休日に旅行に行くとゆうのは、非常に体力的な問題も生じるし、辛いのです。

休みがとても少ない状態で働くようなものです。

仕事を辞めて旅行に行こう

仕事を辞めて旅行に行きましょう。

仕事さえ辞めれば今まで書いた悩みなんてものは解決です。

仕事と仕事の間に旅行行こうとゆう話

もちろん、ずっと働くような会社を辞めてしまうのは考えものです。

しかし、退職のタイミングなんかもあります。

その仕事を辞めたからしばらく節約しなきゃ。

そう思うかもしれません、しかし、実は旅行に行くのに適した時期なはずなのです。

お金も大事ですが、ここは旅行に行くことも選択肢に入れるべきと自分は思います。

むしろ旅行に行きたいタイミングで辞めたり、旅行メインで退職を考えてもいいくらいです。

そうゆう時期を作る

ガッと働く時期と、旅行行くタイミングを分けるのも良いです。

バイトなんかで乗り切って旅する時期を作るのです。

人生の中でそうゆう時期を作るのは周りではありません。

自分でそうゆう時期をもうけなれば一生おとずれません。

わざと作ってみませんか。

旅行に向いた働き方がある

旅行に向いた働き方もあります。

ワーケーション

ワークとバケーションを合わせた造語でもあります。

働きながらバケーションをしましょう。

個人でネットなんかを使いながら仕事をしている人はどこでも働けることを利用して、仕事をしていない時間は外に出てバケーションを楽しむ。

そんな生き方もできます。

しかし、世の中の大半の人はそのようにはいかないでしょう。

なんせネット完結の仕事はあれど、出勤をしなくても良い会社の方が少ないわけです。

リゾートバイト

とても現実的な選択だと思います。

リゾートバイトとはリゾートバイトの略です。

リゾート地で働くことができるものです。

交通費が出る

勤務地までの交通費が出ます。

つまり、自分の旅行したい地域で働くことにすればそこまでの交通費がかからないとゆうことになるわけです。

ただでさえ旅行での交通費は高いです。

こんなに旅行したい欲とマッチする仕事はありません。

短い期間で働ける

求人によって働く期間は変わってきます。

細かい日程なんかは相談することになります。

大体3ヶ月くらいが多い印象です。

そこでの情報を集めつつ、帰りなんかにゆっくり旅行して帰れば良いんです。

そうすれば交通費も節約、詳しい現地の情報も集めつつ、頑張れます。

買い物がもう旅行

この働き方をすると、休日に買い物行こうとするとソレはもう旅行なわけです。

今までの自分の日常の中に、別の環境とゆうある意味非日常感を味わえるわけです。

文化も違えば、話す言葉も違います(方言程度ではありますが)

環境を丸ごと変えられる旅行。

お勧めです。

まとめ

自分はリゾートバイトをやってみて、非常に良い経験でした。

時々やりたいなと思える楽しい仕事でした。

家族がいる人はなかなか難しいこともあるかもしれませんが、お勧めです。

また何かありましたら書きます。

以上、ヒラマンでした。

タイトルとURLをコピーしました