色弱でも期間工は問題なし。実際に健康診断受けてきた。

仕事

健康診断で落とされることがある期間工。

そう聞くと、急に自分の健康状態が気になってくるものです。

そして、あれ?

自分、色弱だけど。

なんて人が多々いるみたいです。

自分はホンダの健康診断を受けてきました。

色弱検査はありませんでした。

じゃあ、なぜ色弱だと受からないなんて噂が?

過去には、色弱の検査とゆうのは割と行われていました。

それは学校等でも同じです。

しかし、学校での検査は廃止されました。

その後、就職時に色覚異常をあることを自覚せずに、職業制限のある仕事を目指してしまう人が増えてしまったため、現在は推奨とゆう形で残っています。

しかし、職業制限のある職業とゆうのは限られており、製造業では制限はありません。

実際の業務で困ることはあるのか

実際の業務が色弱のせいで出来なくなるのが不安。

そうゆう人もいるでしょう。

配属先によります。

そんな曖昧な言葉だと、参考にならないでしょう。

はっきり言いますが、

全く問題ありません

問題あれば、健康診断の検査項目にあります。

大体、出来なければ、違う工程に配属されるだけです。

あなたが現在考えるほどのことではありません。

もちろん、自動車のデザイナーとかやるのであれば、苦労することがあるかもしれません。

ただ、期間工はデザインしません。

繰り返しになりますが、問題ないです。

色弱であることを伝えた方が良いのか?

一応、伝えておいた方が良いのでは?

そんな考えを持つ人もいるみたいですが、特に必要ありません。

そんなことあえて面接で言ってしまえば、知識のない人が面接官だと落とされる可能性があります。

政府が、色弱の人を職業差別しないようにアナウンスしています。

聞かれなければ、特に答える必要はないでしょう。

モノクロに見えるわけでもあるまいし、大企業でたくさんある仕事の中で、色がわからないと困る仕事なんてそんなに多くありません。

ただ、やはり知識がない人もいます。

大っぴらに言うことでもないでしょう。

まとめ

絶対に失敗したくないあまりに、ナイーブになってしまう人も多いですが、大量雇用が期間工です。

あまり深く考えすぎても仕方ありません。

色弱でも問題なく仕事が出来ます。

少なくとも自分が配属されてホンダでは問題ありませんでした。

ガンガン気にせず仕事をしましょう(笑)

以上、ヒラマンでした。

【完全版】なぜ出稼ぎには期間従業員が最適なのか。おすすめの理由を徹底解明!
こんにちはヒラマンです。 私が、実際に期間従業員を経験したのではっきり言います。 出稼ぎするなら、期間従業員を選択肢にいれないのはおかしい!! 期間従業員とは、最大でも約三年間しか働かせてもらえない場合が多い有期雇用契約で...



タイトルとURLをコピーしました