期間工のおかげで復活できた話をしようと思う

期間工
スポンサーリンク

期間工は肉体労働。

逃げ出す人も多いが、耐えられればお金が貯めれることで有名。

そこに僕が挑戦していった話をしようと思う。

スポンサーリンク

そもそも自営業をやっていた

そもそも、自営業をやっていました。

ネットショップを作り、商品の販売をしていました。

中国から輸入した商品が届いてはサイトに登録して販売していく。

そんなことをしていました。

資金が尽きる

借金もなく、ギリギリで抜け出せました。

なぜ借金してでも頑張らなかったのかとゆうと理由があります。

そもそも、ある起業家の方の発言で、「とりあえず事業を始めてみろ、絶対失敗するから」とゆうのを聞いたからです。

絶対失敗するならやるなよと思われそうですが、この話は何度も何度も失敗していくうちに学んで成功するとゆう内容でした。

この話が本当なら、若いうちに失敗しないとダメじゃん。

そう思った自分は会社を辞めて、ネットショップをやっていたわけです。

つまりそもそも借金もすることも考えていなければ、ずっと続くとも思っていませんでした。

しかし、あわよくば続いてくれと思っていたのも事実です。

現実にはそううまくはいかず、ネットショップは一度たたむことにしました。

資金はほぼ0です。

お金を貯める大変さ

社会人になるとたくさん自由にお金が使えると思っていました。

今でも多くの人がそう思っているかもしれません。

しかし、社会人になってからお金を貯めるとゆうのは非常に大変です。

少ない給料をやりくりしながら生活してやっとこさ貯金ができていくとゆうのが現実です。

良い年こいて、貯金0になるまで踏ん張ってさあこれからどうしようとゆう感じでした。

寮付きの仕事

寮付きの仕事を発見しました。

いざ寮付きの仕事を探してみようと思うと、なんだか怪しい雰囲気たっぷりなものが多いような気がします。

そんな中で見つけたのが期間工でした。

どこで働くのかとゆうと日本の有名自動車メーカーの名前がずらり。

怪しい寮付きの仕事が目に付く中、ひときわ輝いていたように感じます。

無料です

家賃水道光熱費無料の文字を見たときはかなり興奮しました。

絶対お金貯まるよこんなの。

実家にいたらお金貯まる理論と同じじゃないかコレ。

そう思いました。

しかも食堂がついて料理作る必要もなさそうでした。

北海道はやはりダメそう

自分は北海道の人間なんですが、北海道にもいくつか期間工の募集がありました。

そこで一つ驚きました。

おそらく同じような仕事の内容のはずが、全然条件が違いました。

家賃も取られるし、その他ちょこちょっこ金がかかる感じでした。

これは北海道ダメだな。

諦めよう。

そう思って、本州の期間工に応募することにしました。

いきなり給料が出るわけではないのが辛いところ

こうゆう資金がギリギリの時の転職あるあるだと思うんですが、給料でるのが遅い。

ずっと働いていると、感じないですが、月末締め翌25日払いは遠いです。

かなりみすぼらしい生活をしていました。

しかし、家賃等々は最初から無料だったので、助かりました。

仕事は辛い

さすがに肉体労働なので仕事は辛かったです。

しかし、わりとすぐに慣れました。

まあ、慣れても辛いのは辛いですけどね。

ライン作業でした。

意外と部屋は良かった

部屋は一人部屋で、鉄筋コンクリートだったので、音に悩まされることもなく快適でした。

今まで住んだ家の中で一番まともです。

さすが大手企業、手抜き物件ではなかったようです。

満了金

期間満了金とゆうボーナスのようなものがでます。

これがでかい。

契約社員なのに結構の金額がもらえ、順調に貯金できました。

無駄遣いする余裕が出始める

だんだんと無駄遣いする余裕が出始めます。

そうなると、一年でパソコン二台買ってみたりしました。

0からここまで来るのには割と早かったです。

3年間働く

期間工は連続で働くのは最高で3年までしか働けません。

自分は3年働き切りました。

ほとんどの人は途中で契約更新せずに辞めていきました。

最後までやると、なんともいえない達成感がありました。

まとめ

その後、仕事を辞めてしばらく無職を続けています。

資金ほぼ0から仕事辞めた後しばらく何もせずに暮らせるくらいのお金が余裕で貯まります。

期間工のおかげで復活できた僕のお話です。

他にも何かありましたら書いていきます。

以上、ヒラマンでした。

こちらの記事もよろしくお願いします!

タイトルとURLをコピーしました