期間工で夜逃げするにはどうしたら良いのか。

期間工
スポンサーリンク

夜逃げはひっそりと引っ越して逃げることですが、そもそも期間工で夜逃げはあまりする必要がありません。

会社にいかずに、電話で上司に連絡すればOKです。

上司と話したくなければ総務に連絡して事情を話してみることから話してみると良いです。

電話を受ける側も、慣れています。

それでもどうしても逃げたい人は退職代行サービスがあるのでそこに相談することから始めてみると良いです。


スポンサーリンク

自分に合った仕事にかえてくれる可能性

工場で働く人数は多いです。

仕事を辞めたいくらいに辛いと相談すれば、自分に合った職場に変えてくれる可能性があります。

交渉してみるのも手です。

会社に行かずに電話連絡すること

実は自分はこの手の人を見たことがあります。

つまり、転属されたにもかかわらず、嫌で嫌で会社に出社しなくなった人を見ました。

その人は正社員です。

まあつまりは肉体労働の仕事で、逃げ出すことって「よくあること」なんですよね。

なのでわざわざ夜中にひっそりと逃げ出す必要ってあまりないんですよ。

優しい総務

自分の働いた会社でけかもしれませんが、期間工を担当している人は優しい人が多かったです。

そもそも、期間工は普段から文句を言う人が多いです。

長くても三年しかいないから。

そんな気持ちでいる人も多く、無敵状態で文句垂れ流しの人がいます

総務の人にものすごい穏やかな口調で話しかけられたことがあります。

一度電話してみてから、辞めるでも良いかもしれません。

まとめ

期間工はそもそも辞める人が多いです。

あまり後ろめたさを感じすぎずに、退職したいことを上司にまずは伝えてみることをおすすめします。

どうしても退職したいけど、無駄なトラブルを避けたいとゆう人は、退職代行サービス等を利用して、間に誰かに入ってもらって辞めると気まずさも減ります。

辞めて、そのまま音信不通は、後からもやもやする気持ちも出てきます。

一度落ち着いてみてから判断することをおすすめします。

以上、ヒラマンでした。


タイトルとURLをコピーしました