初めて来た方にまず読んで欲しい記事5選
クリック

一人暮らしの生活費用の目安?!自分の費用をまとめました。ちなみに男で札幌です。

生活お役立ち

一人暮らしをするにあたって、いろいろと不安が重なるわけですが、一番はやっぱりお金。

 

なんせ、いくらかかるんだと。

シミュレーションしてくれるのは良いけど、実際のところを知りたい。

 

とゆう人のために自分が初めて一人暮らししたときの生活費用をまとめてみました。

 

ずばりこんな感じです。

 

家賃       20,000円

水道                            2,000円

電気              5 ,000円

ガス                            5,000円

スマホ                      10,000円

燃料代                      10,000円

灯油代                      10,000円

ネット代                    4,000円

奨学金返済             18,000円

食費                         20,000円

日用品                       3,000円

 

合計                        107,000円

 

特筆すべきは間違いなく家賃の安さでしょう。

いくら男だからってここまで安い人はなかなかいません。しかもコレ、駐車場代込みなんですよね。

 

なんか世間では収入の三分の一に家賃を抑えなさいとかありますけど、我慢できるなら安ければ安いほうが良いですよ。

リフォーム済みだったので自分は普通に我慢出来ました。

固定費を減らすことは一人暮らしで重要課題です。

 

使いすぎたな、今月は節約を・・・。

と思っても、固定費が高ければ節約なんてできません。

 

特に仕事なんて始めたらそうですけど、家賃が高いせいで転職したくてもなかなか生活費的に仕事を選ぶのが難しいなんてことあります。

いや、ほんとに。

月々6万円とか払ってる人と2万円の僕なんかではえらい違いですよ。

 

18万円と22万円の違いが出るんですから。

そりゃ職場も選びづらいですよ。

 

逆に、18万円でも家にこだわりがなければ22万円の人と同じような贅沢が出来るわけです。家以外ですが(笑)

家賃とゆうのはそれだけ重要です。なにせ一人暮らしで一番大金を払うものです。慎重に選びましょう。

 

 

あと奨学金がある人は結構生活がきつくなりますね。

返済できない若者も増えているみたいです。自分もコレがある分家賃の安い家に住んでいるようなものですし。

 

一番困ったのが北国ならではかもしれませんが、灯油代です。

 

これが電気ガスが止まれど死にはしないものの、灯油がなければ命を落とす。

どんなに苦しいときでも、冬の期間だけは灯油の確保を忘れずにいました。

ただ、灯油節約しなければいけなかった時期は、本当に何度もやばいかもしれないと思いました。

今では笑い話です(笑)

 

ホント気をつけてください。

色々節約する方法がありますが、あまり無理しすぎないようにしてほしいですね。

 

以上、ヒラマンでした。

 

コメント