bitcoin

実際に仮想通貨(ビットコイン)の盗難被害にあった時の話

Pocket

実はビットコインの盗難に実際被害にあってしまいました。

 

今回はその時の話を少々。

 

 

そもそも仮想通貨って何?

 

つまりは電子的な貨幣です。

 

なぜ流行ったかというと、ドルとかユーロとかと交換出来るので、海外送金手数料とかが少なく済むんです。

 

なので流行りましたね。

 

 

金融革命だなんやらと言われ、最近はなにかと世間を騒がすビットコインですが、自分も持っていました。

 

ビットコインなんて信用出来ん。と思ったあなた。

 

貨幣だって流通したてのころは、万全の信用ではありませんでした。

 

とゆうか、今でもそうです。

 

だからいまだに金の取引があるんですし。

 

 

もしかしてビットコインもそうかもしれません。

 

そして、ほとんど価値のなかったものに価値がついたものだから、有限のビットコインの1ビットあたりの価値がぐぐーんと上がって株みたいに取引きされまくるように。

 

仮想通貨の取引所とかも出来ました。

 

 

 

どうやって盗まれた?

 

 

自分も、とりあえず、仕事で使うかもしれないし、買ったわけですよビットコイン。

 

うわー価格どんどん上がってんな~と思ったんですけど、結局これ今いくらなんだと思って口座見たわけですよ。

 

びっくりするくらい少なくてですね。ってゆーかほとんどないんですよね(笑)

 

最初はサイトのエラーかと思いました。

 

いつまでもまともに表示されないんで、取引所に連絡しました。

 

そうしたら、

あれこの日に送金されてますよね?とのお言葉が。

 

送金したことなんてありません。

 

 

送金ってどこにですか?

 

 

・・・中国。

 

 

そうか、だれか中国人にでも・・・。

 

いや、俺日本人。

 

中国に友達いたっけ?

 

取引先?ビットコインでなんて払ってないな?

 

・・・。

 

ぬ、ぬ、ぬ、盗まれた~~~~~~!!!!

 

大ショックでございます。

 

アカウントが乗っ取られたみたいです。

 

 

 

その後

 

これがまた、一応想像はしてたんですが、当時、仮想通貨って出てきたばかりだったせいか、取引所で盗難補償とかが全くなかった。

 

なので、全く返ってきておりません。

 

そもそも銀行と取引所は違うんで、これから先も保証の制度が出来るかもわからないですが。

 

この盗難の話は、ショップを開店する少し前のお話です。

 

もし、これから仮想通貨取引所で口座開設する際、もしくは銀行、証券口座でもそうですが、

かならず暗証番号の管理は厳密におこなってください。

 

簡単に破られます。

複雑な暗証番号にして、複数サイトで同じ暗唱番号は使わないなどの対策をしてください。

 

ちなみに私は心の傷が癒えるまで、仮想通貨は買えないと思います(笑)

 

ちなみに取引所の方には、警察に相談してくださいと言われただけでした。

 

なんか逆に態度悪かったです。

せめてかわいそう雰囲気くらいくれよと思いましたが、もう客にならないと思われたんでしょうかね(笑)

 

金の切れ目縁の切れ目。

 

これを読んでる人には本当に気を付けてほしいなと思います。

 

以上、ヒラマンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA