初めて来た方にまず読んで欲しい記事5選
クリック

ルームシェアを友人とするメリットを経験者が語ってみる。

生活お役立ち

お金がない!

そんなときにふと思い浮かぶ、ルームシェア。

 

したいような、したくないような・・・。

 

 

いくらルームシェアで金がかからないとはいえ、失敗したときの引っ越し料金が痛い。

 

ルームシェアの現実

自分は、友達とのルームシェアでした。

 

ほとんど居候に近かったですが、

今考えると、そこが上手くいった要因です。

 

一体どうゆうことか?、

 

それは、主従関係があること。

 

逆らえない。

だから喧嘩にもならない。

言うこと聞かざるを得ない。

 

冗談のように見えるかもしれませんが、これが現実だと思います。

 

これが、お互いが同じ立ち位置だと、自分はこれだけやってあげてるのに。

 

あの人は何もしない。

なんて、まるで恋人同士のような現象がおきます。

 

平等とは時に争いを生みます。

 

お互い得をしようとしているからルームシェアを選択したのに、全然得じゃないと感じるんですね。

他の経験者の方が、大抵イライラしたような口調でサイトに書き込んでるのは、その積み重ねでしょうね。

 

なんせ、わざと汚せば片付けるでしょうけど、わざとじゃない部分とかもあるわけで。

 

何をどこまで許すかなんて、違う家庭で過ごしてきた人同士のすり合わせは難しいでしょう。

 

じゃあ、メリットはないのかとゆうとそうじゃない

 

なんか、ルームシェアする自信なくなってきたと思うかもしれませんが、メリットももちろんあります。

 

むしろメリットの方が大きかったです。

 

ルームシェアして良かったと感じたこと

 

楽しい

一人じゃなくて、しかも家族でもない。

 

普段一緒に遊んでる友達と、長い間いれる。

 

若ければ、若いほど楽しいでしょう。

 

少し年を重ねると、一緒にいることは逆にデメリットになるかも。

 

自分は楽しかったですね。毎日笑って過ごしてました(笑)

 

ご飯が出てくる

料理なんかできなかったので、弁当を買うしかなかったんですが、ルームメイトが作れたんです。

 

これは大きかったですね。

今だったら、あんな簡単な料理で手懐けられたなんて!と、悔しさもありますが(笑)

 

当時は、食費の節約にも、時間の節約にもなって良かったです。

 

 

 

この二点については圧倒的に良かったですね。

 

その他、

家政婦で知らない人がいるよりかは、知っている人がいるほうが良いんで、家事が得意な人とルームシェアしてみるのも良いかもしれません。

 

その際は、相手の分を相当お安くしないとダメでしょうが、その空いた時間でさらに稼げると思うと、割と悪くない話かもしれません。

 

家事が趣味みたいな人もいますし、正直料理とかもそうですが、一人分でも二人分でもたいして労力が変わらないもんです。

 

最初からみんな探そうとしないだけで、割といますよそうゆう人。

 

一つだけ間違いなく言えることは、

 

楽しい!

 

興味あるなら、ぜひやってみるといいと思います。

 

そして、出来れば期間を決めてからすることをおすすめします。

 

もし、ダメだった時のためにここまでの期間はお互い我慢することを決めておくことで、2か月でルームメイトがいなくなるなんて悲劇を経験しないで済みますからね(笑)

 

それでは、良いルームシェアを!!

 

ほかのページもよろしくお願いしますね!

 

以上、ヒラマンでした。

 

 

 

 

コメント