食事中に最適イヤホン?!隙間時間活用で食べてるときでも勉強できる

生活お役立ち

食事中にイヤホンを付けると、モグモグと音が響いてうまく聞き取れないです。

経験ある方も多いのでは?

だけど、食事時間って、もったいない。

くだらない雑談。コミュニケーション大事とか言ってるくせに内容は人の悪口。

そんな人たちと時間を無駄に過ごすくらいなら、一人でまわりに邪魔にならないように音声学習とかしたい。

そんな願いをかなえる方法をお教えします。

なんで、音が聞こえないのか

食事中にイヤホン付けると、自分の咀嚼音のせいで、全然音が聞こえない。

これね、耳がふさがっているせいなんですよ。

つまり耳をふさがなければ良いんです。

金をかけたくないって人のためにも折衷案てきに、方法を書いてみます。

お金をしっかりかけて対策してみる方法

まず、お金をかけても良い。

時間は最大の投資だ。

食事中の時間を有効活用できるなら金を惜しまない。

そんな人に向けた、最高の解決策はコイツ。

アンビーです。

屋外で音楽を聴いたりするのに、まわりの音が聞こえないと危ない。

そんな願いに応えた。イヤホンです。

じゃあ、なぜ、コイツが食事中に勉強するのに最適かと言いますと、この独特の付け方。

耳の穴をふさがないんです。

なので、自分の咀嚼音が響くこともない。

感覚でいうと、食事しながら、普通にテレビ見ているような感じ。

こもらない。

これ大事。

これで、自分は、英語の勉強とかしてました。

かなり、大幅に隙間時間の活用になります。

ぜひ、ぜひ学習者には使用してほしいですね。

ちなみに開封したときの画像を載せておきます。

開けてみます。

まあ、ここら辺は普通です。

操作は首元でします。

この形がキモですね。ふさがない。

フィットしすぎて、全然外れない。

金銭的に余裕があるひとはおすすめですね。

お金をあまり使いたくない人向け

正直なところ、どの策をとっても、上で紹介したイヤホン買うのがベストと気づくはずです。

ただ、まぁ。

その商品が届くまでのその場しのぎ的な方法として紹介だけしましょう。

イヤホンは密閉式と開放式があります。

ご自分の使用しているイヤホンを確認してみてください。

開放式なら、耳をふさぐ分量がすくないので、まだ咀嚼音が少ないです。

そして、イヤホンを片耳だけにつけます。

これで、多少は減ります。

まずはやってみても良いかもしれません。

それで満足できるなら、それに越したことはありません。

安く済ますのも良いが・・・。

まぁ、ただ。たかだか、この価格で。

食事にかける時間を30分だと仮定して、三食で90分。

一か月を30日として、2700分。

つまり、一か月45時間勉強できる時間が増えます。

これ、恐ろしい数字ですよ。

普通に仕事している人とかだと、平日8時間勤務で1週間だと、40時間。

サラリーマンの一週間分の仕事量と同じになるんですよ。

1年間だと、540時間。

恐ろしいですよ。

こんな時間の増え方するのに、この価格の値段をケチって、質の低い我慢をするのってゆうのは非常に微妙な気がします。

自分の時間を大切にしましょう。

アンビーを使うことをおすすめします。まぁ、手段でしかないので自分の良い方法でもよいでけどね。

以上、ヒラマンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました