airpods proのダメなところまとめ【デメリット】

ガジェット

基本的には満足のairpods pro。

しかーし。

あえてあげるとすればココ!ってとことをまとめてみました。

充電なんぼですか?

耳につける部分はiphoneで確認すれば残り何%かわかります。

しかし、収納して充電してくれるケース部分の充電はわかりづらい。

いやまぁ、正確には普通にわかるんです。

iphoneの近くでケースの蓋を開ば、残り何%か出てくる。

なのに、ポケットにケースを入れた状態など、離れた距離だと確認ができない。

コレは少し不便だなと感じました。

まあこのケースに出し入れしながら使えば、24時間以上持つみたいなんで、毎日充電する人には問題ない話ではあります。

音量調節ボタンがない?!

音量調節ボタンがairpods proにはありません。

コレには自分もびっくりしました。

ただ、すぐ慣れました。

結局、iphoneで操作すれば問題ないからです。

ポケットに手を入れてボタンで下げるのと、直接触って下げるのと、手を動かしながら確認してみたらわかると思いますが、特段変わりません。

慣れれば全く問題ないです。

でも、なぜ?とゆう気持ちは拭えません。

ボタンを付けた方が良いのでは?

非常に疑問でした。

落ちやすい??

こうゆうヒモなしタイプのイヤホンは落下しやすい。

駅の線路に落ちて拾うのが大変。

なんて聞きますし、実際にairpodsの片方だけ地面に落ちているのを見かけたことがあります。

しかし、自分は特に問題はありませんでした。

なんせ、ヒモがないぶん軽いです。

服に引っかかって落ちやすいなんて状況もありません。

めちゃくちゃ激しい運動、例えば、走り高跳びとかすれば落ちるかもしれません。

ただ、普通に走っている分に落ちる様なことはありませんでした。

自分は全くないんですが、世の中的にはあることみたいなので一応取り上げてみました。

airpodsの音質はお察しの通りです

airpodsに音質は求めない方が良いでしょう。

音質めっちゃこだわり派の人には、おそらく物足りなさを感じると思います。

自分はソニーのイヤホンの同じ様な値段の物からの乗り換えでした。

やはり、音質的にはSONYの方が良いなと感じました。

もちろん音っていうのは個人の好みもあるので、あなたもそうとは言えませんが。

この音に不満かと言われれば、そうでもありません。

なんせ、一応3万円もするイヤホンです。

値段の効果も相まって、悪くたって良く感じますw

とゆうのは冗談として、めちゃくちゃ悪いわけではないです。

はっきり言うと、低音域がズンズン来ないタイプです。

ただ、昔、カーオーディオに数十万円かけたりしてた自分でも、まあ、コレで良いか。便利だしな。と思えるレベルです。

ノイズキャンセリング機能について

ノイズキャンセリング機能については、それぞれメーカーによっても特徴が違います。

自分が以前使っていたSONYのイヤホンの方が、ノイズが減っていた様に思います。

しかし、ちょっと耳が詰まった様な感覚が強く、長時間使用するのは少し不快さもありました。

airpods proはダメなのかとゆうとそうでもありません。

むしろ、コレもれっきとした形になっていると感じました。

歩きながら使っていると真横に自転車が来るまで気づかずに、ビクッぅ!!!となりました。

コレもやはり、本当に少しでも、ノイズ減らしたい。

なんてことがなければ、どちらでも好きな方を選んでみて問題ないと思います。

AirPods Proの方が自分は長時間付けやすく、ちょど良いノイズ減らし具合でした。

ただ、やはりノイズキャンセリングイヤホンの少し詰まった様な感じはやはりあります。

SONYのに比べるとだいぶ減ってますが。

おすすめはAirPods Proです。なんせ総合力。秀逸です。

もう我慢の限界です

あの、基本的に満足なんですよ。

あえてデメリット上げてみただけで。

ここからは少し、メリットを語りたいと思います、

便利、非常に便利

耳に付ければ自動でbluetoothが接続されるし、耳からイヤホンを外せば、音が止まる。

アップル製品との親和性が高い。

気のせいか、iphoneとのbluetoothの接続は非常に早く感じます。

嬉しいばかり。

やっぱりお洒落。

やっぱりね、

お洒落なんですよ。

iphone製品の売りは、やはりデザイン性だなと。

自分の持ち物をどんどんとアップル製品に変えていますが、どれも満足いく物でした。

代替え製品がある?

そんなのNOです。

イヤホンも、スマホも、パソコンも毎日使う物です。

それを自分の好みの物を使えないで、一体何にお金を使うって言うんですか?

他の使用頻度の低いものをグレードの低いものに変えてでもアップル製品が好きなら買うべき。

自分はそう思います。

軽い

コレはこのタイプのイヤホン全体に言えることかもしれません。

付けているのを忘れるくらい軽い。

ずっと付けてられます。

ヒモの鬱陶しさもないし。

一体なんだったんだあのひも!!

とさえ思うくらいです(本当にわからないわけではないです。)

無くしても大丈夫?

先ほどからSONYのイヤホン云々と書いていますが、なんでそんな同じ様な値段の同じ様な性能な物を持っているのに、airpods proを買ったんだ?そう思う人もいるでしょう。

コレにはシンプルに落としたって理由があります。

落とさない様に肩にかけて、そこから紐が伸びるタイプのbluetoothイヤホン使ってたのよ。デカイから。失くさないように。

でもね、失くしたんだよ。

もうデカイの買う必要ないし、そしてある機能にも惹かれました。

なんと、iphoneを探すのように、最後に接続した場所がマップ上に表示される。

しかも、接続範囲内だったら、探すための音を遠隔で鳴らせる。

イヤホン失くしたばかりの自分にはとっても魅力的に思えました。

コレで安心して失くせる!(笑)

そんな魅力です。

まとめ

悪いところ、良いとこ、様々あります。

そりゃ好みもあることでしょう。

しかし、このAirPods Proなかなか良いですよ。

アップルのイヤホンかあ・・・。

なんてちょっと毛嫌いしてましたが、やはりね、関連の物を一つのメーカーに揃えると楽、

先に述べた、失くしたイヤホンを探す機能だって、一度iphoneに接続したことあれば、それでもう探せちゃう、

別に独自の登録とか、アプリとかのダウンロードも必要ない。

こうゆうところがアップルだし、同じメーカで揃える利点だよね。

非常に自分は買って満足してます。

総合的に、買いの商品でしょう。

アップル製品持ってない人には特におすすめはしませんが、コレから買うかもしれないって人にも良いかもしれませんね。

proか普通のかの論争がありますが、ノイズキャンセリング有り一択です。

つまりproを強くおすすめします。

個人的にノイズキャンセリングなしのイヤホンはもう使えません。

そのくらい、素晴らしい物です。

airpods pro買う価値ありです。

以上、ヒラマンでした。

 

タイトルとURLをコピーしました