期間工の働く期間は3年未満で契約期間は会社による

期間工

契約期間については3か月or6か月のところが多いです。

会社によりますが、ホンダなんかは3か月ですね。

つまり3か月ごとに契約書を書くようなことになります。

よほどのことがない限り、継続してもらえます。

通常の場合だと、影響が大きく感じるのは期間満了金を貰えるのが、3か月ごとなのか、6か月ごとなのかの違いくらいなもんです。

辞める時に期間契約終了のタイミングで辞めるのがベストではあるので、その点でも割と柔軟に辞めたい人であれば気にした方がよいかもしれません。

別に途中で辞めれないわけではないです。

しかし、次に入社することがあれば、契約期間途中でやめたことを聞かれることもあるでしょう。

その時に少し困るかもしれません。

なぜ契約期間の途中で辞めたんですか?なんて聞かれるのは面倒です。

なので、極力契約期間に合わせて辞めることをお勧めします。

最高契約は3年

契約を繰り返して、最高でも3年未満になります。

これに関しては国の基準で3年以上働かせる場合は正社員にさせなければいけないため、3年未満の契約で切られます。

会社によりますが、たいてい半年くらいたてばまた期間工として働くことが出来ます。

その時はまた3年働けます。

一応有給なんかもリセットされてしまうのは悲しいですが、半年休めば割と頑張れるような気もします。

これがいわわゆる期間工ループとゆう奴です。

当たり前のようにハマっている人がいます。

流石に3年ごとに会社を辞めてまた働くとゆうような不安定なやり方をずっと継続していくのは難しいとは思いますが、上手くいっている人は満足しているようです。

まとめ

契約期間については期間工のデメリットでもあり、メリットでもあります。

どうせ辞める人だからと、少し甘く見てもらえる部分もあります。

少なくとも、将来のためにこの仕事をやってくれとか、上司に気を使ってゴマすって昇格を狙うような動きをする必要もない。

同期のライバルなんて皆無です。

何があっても最高3年で辞めれるわけです。

その精神的な楽さは、居心地が良いものでもあります。

しかし、逆にどうせ辞めるからと酷い扱いされることもあるでしょう。

実際、明らかにコイツそんな感じだなと思う人に出会うこともありました。

良いこともあればダメなこともある。

どこの会社も一緒なので、働きたいと思っている人はまず働いてみたら良いんじゃないかと思います。

ただ、少なくとも、期間工ループにハマることのないように、転職サイトは常に見たり、資格取得を目指す等の行動はしたほうが良いとは思います。

それではまた何かあれば書きます。

以上、ヒラマンでした。

こちらの記事もよろしくお願いします!

 

タイトルとURLをコピーしました