期間工の申し込み前に確認しておきたいこと

期間工
スポンサーリンク

期間工の申し込みをしようと思っているそこのあなた。

しっかり選ばないとえらい損しますよ。

スポンサーリンク

期間はどうするか

期間工には契約期間があります。

何ヶ月契約か知っておくと辞める時に楽になります。

会社によって違う契約期間

大体が三ヶ月か六ヶ月の二択が多いと思います。

何度か契約更新していったとしても、最長で3年です。

その一番長い期間まで働きたいとゆうなら、たいして契約期間については問題ありません。

しかし、途中で辞める可能性がある人にとっては結構大事です。

途中で辞めると不利?

契約の途中で全く辞めれないわけではありません。

しかし、中途半端なタイミングで退職してしまうと、次に入社するときに不利に働く可能性があります。

やはりちゃんとしたタイミングで辞める人とそうじゃない人では信用度が違います。

そして、何より、契約金が満了するとお金が毎回貰えるわけです。

大体の人がそのお金をもらってから辞めたいと考えるのもわかると思います。

そうなると辞めたいと思っても、タイミングによっては6ヶ月我慢しないといけないなんてことになってしまいます。

辛い職場に6ヶ月はキツイですよ。

自分に合った契約期間の会社か確認してみましょう。

会社の位置について

自分の働く工場がどこにあるのかについて考えてみましょう。

旅行気分も割と良い?!

交通費も出ることが多い期間工。

せっかくなら、見慣れない土地で旅行気分を味わってみるのも良いかもしれません。

近くにどんな観光地があるのかも含めて探してみたいものです。

暑さ、寒さ

工場はあまり空調が効いていない工場があります。

夏なんかはスポットクーラーで体を冷やすことができるものの、やはり暑さが大変です。

北海道に住んでいるのに、本州に移動してしまって、暑さにやられて大変な思いをするなんてこともあります。(本人談)

夏の平均気温などを調べてみるのも、快適な職場環境を得るためには必要なことです。

ある程度調べてみましょう。

残業・休日出勤の有無

仕事だけではなく、プライベートな時間まで使って仕事したいかどうか考えたいところです。

残業や休日出勤をむしろしたい。お金稼ぎたいとゆう人もいればプライベートな時間が欲しいとゆう人もいます。

残業について

会社によっては、その日の生産数が目標に達成していなかった場合、残業する会社があります。

調べると割と出てきますので、申し込もうとしている会社が果たして残業多い会社かどうか調べておくことをお勧めします。

休日出勤について

休日出勤についても、生産数が追いついていなかったりすると増えたりします。

かなりどのラインに配属されるか等、会社の違いによっての判別は難しいですが、やはり多い会社は多い。

多く稼ぎたければ、多い会社へ、時間が欲しければ少ない会社へ。

福利厚生について

福利厚生で違いを出す会社なんて、時代遅れじゃ?

なんて声も聞こえてきそうではありますが、しかし違いがあれば自分に合った会社を選ぶたいものです。

ご飯無料

昼食なんかが無料で食べれる会社等もあります。

ご飯が出てくるってのはお金がない人にとって安心でもあります。

借金だらけで働きに来て、給料日までどうやって過ごそうかなんて悩んでいる人にはうってつけです。

設備

工場によっては、プールやサウナ。

ジムなんかが付属されている工場があります。

普段から利用している人はお金の節約にもなります。

いくつかの候補の工場をみて、福利厚生を比べてみるのもアリかもしれません。

次の仕事をどうするのか

働く期間が最長で3年になってしまう期間工。

将来の夢や、やりたいことがない人にはあまりおすすめしていません。

不安定とゆうのは、ない方が良いものでもあります。

転職について

働く前から転職のことを考えた方が良いです。

三年とゆう期間はあっという間です。

辞めてから、自分はどんな仕事をしたいんだろうと考え始めてしまっては、かなり時間を使ってしまいます。

ある程度の候補はあげておいた方が良いです。

資格取得について

3年あれば、資格取得も夢ではありません。

もし、やりたい職業があるなら、そこに向かって資格勉強をしておくと良いです。

寮暮らしは時間の節約にもなるので、資格勉強にも向いています。

まとめ

期間工で働くには不安も多いと思います。

しかし、働いてみると良いところもたくさんあります。

肉体労働なので、きついですが。

ちゃんとお金を貯めておけば、辞めた後一年位はニートになることも可能です。

しっかり稼いじゃいましょう。

以上、ヒラマンでした。

タイトルとURLをコピーしました