大学中退してもなんとかなりました。キツかったけど。

大学中退
スポンサーリンク

自分は大学中退しました。

なんとかなりました。

生きてるってだけかもしれません。

しかし、満足してるくらいではあります。

スポンサーリンク

さよならエリート

大学中退するとレールから外れた人生になります。

大学卒業して、大企業で働いてとゆうエリートな人生から外れます。

エリートであることは必然ではありませんが、落ち込む人もいるのも事実です。

ただ、自分はそもそも大した大学ではなかったので、卒業したからといってエリートにはなれない環境でした。

もはやあまり関係なかったかもしれません。

辞めた後大変でした。

大学中退後は奨学金の支払いが始まってしまったり、生活費を稼がないといけなかったりで大変でした。

就職活動している余裕がなく、簡単に受かるにはコレしかないとアルバイトを3つやりました。

睡眠時間が非常に少なくなってしまい、ヘロヘロでした。

仕事先を見つけたが

ようやくまともな就職ができ、働き始めたのはアルバイト先の警備会社。

形だけの面接をした後、勤務が始まりました。

ちなみに昔から警備会社は受かりやすい仕事なので、バイトしてないにしろ受かっていたような気がします。

誰でも受かるような仕事なので、周りの人もそんなような人ばかりでした。

中小企業は給料が上がらない

いわゆる中小企業で働いていたわけですが、給料はそんなにアップしないことがわかりました。

昇進しても、ほんのちょびっと増えるだけと聞いて、何度か断りました。

やはり給料の面は、まともな企業じゃないと増えていかないですね。

遊びについて

給料は増えないものの、警備会社で長時間勤務&夜勤ばかりだったので、大学普通に卒業した人より貰ってました。

なので、若い年代にしたら割と遊ぶのにお金を支えていた方かなと思います。

将来的な給料は変わるかもしれません。

しかし、今のことだけ考えれば夜勤の仕事等を選べばかなり周りより貰うことも可能ではあります。

ある程度稼いで、資格とか取るのが良いかもしれません。

家について

基本的にすごく家賃の安いところを選んでいました。

駐車場代込みで、2万円とかの家です。

節約で大きな差が出るのは、固定費を抑えることです。

そうすれば、仕事を辞めてもしばらくは生きていけます。

楽しみながら生きれているのは、家賃を抑えたことにも一因があると思います。

なんせ奨学金を返しながらでしたので、正解だったなと思います。

まとめ

その後もなんだかんだ普通に生きてます。

スーツ着て大企業でバリバリ働いているとゆうわけではないですけど、生きれてます。

大学中退した時は悩む人も多いです。

漏れなく自分もそうでした。

一応、なんとなく生きていけるよとゆう話でした。

また何かあれば書きます。

以上、ヒラマンでした。

こちらの記事もよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました