夜勤の人が昼間に家で寝る時の便利グッズ一覧

仕事
スポンサーリンク

昼間に寝ないといけないけど、ぐっすり寝たい。

明るい昼間でも睡眠をしっかり取るためのグッズを紹介します。

スポンサーリンク

アイマスク

非常におすすめなのがアイマスク。

使用したことがある人も多いでしょうが、100均で売っているような物はおすすめしません。

1000円近く出せば、非常に満足できるふわっふわのアイマスクが買えます。

目の周りもしっかりケアされているので明かりも目に入らないので、安いのと大違いです。

透け透けで明かりが眩しかったら買う意味ないのでしっかりしたものを買うことをおすすめします。

遮光カーテン

カーテンはかなり重要です。

流石に部屋が明るいと睡眠の質が落ちてしまいます。

しっかり、遮光と記載のあるカーテンを買いましょう。

遮光ではない薄いカーテンだと光が普通に入ってくる場合があります。

値段が少し高いのがネックですが、夜勤は多少給料が良いので、投資だと思って用意しておくとGOODです。

耳栓

日中は夜間に比べて雑音が多いです。

近所を走り回る子供の声、アパートの隣近所の生活音。

様々な音が睡眠の邪魔をしてきます。

耳栓をして物理的に音をシャットアウトしましょう。

自分ではそんなに気にならないと思っていても、実際は疲れが残っていたりします。

質の良い休息のためにも買っておいて損にはなりません。

 

ホワイトノイズ機器

少し好みが分かれますが、ホワイトノイズとゆう音が出る機械があります。

主に音に敏感な人が使用したりしている場合は多いです。

テレビのザーっとゆう音が鳴ります。

音が選べるので、その他のリラックスできる音を選べるのは非常に良いです。

自分も持っていて、水の流れる音を時々聴きながら寝ています。

耳栓はあまりしたくない人なんかにもおすすめです。

パジャマ

昼間に寝ていると、夜よりも気温が高いので寝苦しくなりがちです。

寝心地の良いパジャマがあると、非常に快適。

特に夏はある程度選んだものを使うことをお勧めします。

まとめ

みんなが活発に動いている中での睡眠は、あまり快適とはいえません。

寝れることなら夜に寝たい人がほとんどでしょう。

しかし、そんな中でも働いていかないといけない場合もあります。

今回紹介したグッズを使用して快適な睡眠が取れることを祈っています。

以上、ヒラマンでした。

 

 

タイトルとURLをコピーしました