家がない人にオススメする寮付き仕事の選び方【解決法】

仕事

家がない人にとって、逆転するには寮付きの家に住むことです。

これが一番手っ取り早い。

僕が、実際にやった寮付きの仕事といえば期間工です。

その際、かなり調査しながらやりましたので、その経験をもとにお伝えします。

期間工については興味がある方はコチラ

【完全版】なぜ出稼ぎには期間従業員が最適なのか。おすすめの理由を徹底解明!
こんにちはヒラマンです。 私が、実際に期間従業員を経験したのではっきり言います。 出稼ぎするなら、期間従業員を選択肢にいれないのはおかしい!! 期間従業員とは、最大でも約三年間しか働かせてもらえない場合が多い有期雇用契約で...

無料の寮を選べ!!

無料の寮がすべてを救います。

意外とある有料な寮

寮は、安く住めて便利。

しかし、有料の寮って結構あるとゆうか半分以上は有料。

安いんだけど、コレ、無料のところとか探せば普通にあるんですよ。

わざわざ有料なところを選ぶ必要はないです。

しかも、賃料だけでなく、水道光熱費が無料で食事補助まであるところも。

私が経験した期間工なんかがまさにそうです。ちょっと頑張ってでも「無料」を探してみた方がお得です。

多少遠くなっても、出稼ぎ感覚で無料が良し。

実際に自分もそうでしたが、無料の寮が近くにあるとは限りません。

自宅から、2時間近くのところにある工場の寮にでも入ろうかと、求人を見ていたんです。

そうしたら、有料。少しいいかなって思っても、それじゃあ稼げません。

思い切って、本州に出てきたわけです。

この決断は正解でした。稼げる量がガツンとかわります。

最初に見たのが家賃1万5000円、水道光熱費3000円とかの寮とかだった気がします。

ただ、それが無料になっただけで、1万8000円得しています。

年で18万円ですよ?

しかも、場所にこだわることをやめれば、月々の給料も良いところを選べます。それを含めれば、50万円くらいの差があったと思います。

インターネットの世の中です。会いたい人にもネットで会えます。場所にこだわるのはやめましょう。

地元を捨てる覚悟はいらない

場所にこだわるなとは言いましたが、地元を捨てる覚悟までは必要ないです。

寮付きの仕事で、一生を終える必要もないでしょう。

まずは、今の家、そして、お金。

それを稼ぐための手段なわけです。

一時的に捨てるくらいで良いでしょう。

そのくらいの方が、観光気分でいけます、新しい地なら、少し外に出るだけで観光になるわけですから。

観光にお金がかからず、満足度も高くなります。

楽しみにすらお金がかからなければ、貯金も増えるわけです。

家がなくても受かる仕事を選ばないといけない

え?家がないとダメなの?そう思うかもしれません。

しかし、前提の話です。絶望ってわけではありません。

基本は家がないと受からない

まず、家がないと受からないとゆうのは、どこの誰かわからなければ、雇えないわけです。

面接をしても、その「どこ」がないわけです。

今、家がない人にとっては、非常に悩ましい問題ですが、現実です。

しかし、住民票がそこにあることが絶対条件ではありません。公的な機関相手ではないので、今そこにいます。その企業に説明さえできれば問題はないです。

とゆうか、わざわざ住所についてなんて、書いてあれば突っ込まれません。関わりのある、実家や友人宅の住所を記載しておきましょう。全く立ち寄らないところはおすすめはしませんが。

合否が郵送ってところもありますから。

自分がやっていた期間工ならメールとかでしたけど、まだ時々郵送もありますから一応考慮にはいれておいた方が良いです。

そもそも寮付きなら考慮には入れてくれる場合もあるにはある

そもそも、寮付きの仕事を探している人ってのは、新卒ではない限り、結構、家がない人もいるにはいます。

なので、普通の会社よりは考慮に入れてくれる場合が多いでしょう。

しかし、住所はあった方が、話は進みやすい。

無理に、とは言いませんが、しばらくはどこかに住まわせてもらえるのがベストではあります。

ネカフェから来ましたと言って好印象なのは、よほど危険で、身寄りがない人が欲しいような会社だけです。危なすぎます。

現在の仕事もないならすぐ受かる仕事を第一に

中には、もうすでに職もない人もいるでしょう。

そんな人には受かりやすさも考慮にいれるべきです。

面接を何社もしていると、受からない期間が長くなってしまう

面接って時間がかかります。

さらに面接だけではなく、面接に至るまでの期間も長くなります。

もちろん、面接のあとの入社までの期間も。

果たして、その時間を使う余裕はありますか?

借金の積み重ねが危険

受かりやすさを重視しなければ、就職活動に時間がかかり、資金繰りが上手くいかなくなります。

こうなってくると、選択肢が狭まっていきます。

給料も多めの仕事を選ばなければいけなくなります。でもそんな条件では就活も難航する。また借金する。

こんなループに陥らないためにも、まずは職につく

そこからの、盛り返しにかけることも選択肢の一つです。

寮付きの仕事探しローラー作戦より大量雇用を狙え

寮付きの仕事を、たくさん探してみるのは良いことです。

ただ、本当にその会社に受かりますか?

募集人数1人の会社にいくら応募したところで、競合している人達との勝負。

しかも判断するのは一個人。

それじゃあ、効率悪すぎます。

求めてる人にベストマッチした人しか受かりません。

そんなことより、速さを重視するのであれば、大量雇用の会社を狙ってみることを勧めます。

どどんと募集しています。

たくさん受かります。

僕の場合だと、期間工がまさにそれで、20人くらいまとめて寮に配属されていました。

面接がスムーズってゆうのは本当に時間やそれに伴うコストの面でかなり良いと思います。

スーツの用意なんて無駄

就活時にスーツを用意するのなんてムダです。

もちろん、普通の企業ならスーツでも構わないでしょう。

しかし、寮付きの仕事を求めている人のことを考えると、そんなもの足かせでしかありません。

スーツをクリーニング、ワイシャツをアイロン。靴を磨く。

普段着ない物の清潔感を保つってゆうのはなんとも手間がかかります。

すぐに受かる仕事が欲しい人にとって、時間や金銭面での圧迫は避けるべきでしょう。

結局、寮付き仕事の王様は期間工だと思う

自分がやっていたこともあって、多少、考えに偏りがあるかもしれません。

ただ、期間工が本当に素晴らしすぎて、寮付きの仕事探してて、一度も期間工をやらないのはシンプルに損じゃないかと思ってしまいます。

無料の寮ですぐ受かる

期間工は寮が無料のことが多いです。

もちろんそうでないこともあることにはありますが、普通に探せば苦労せずとも、ほとんどが無料。

そして、すぐ受かります。

期間工で面接に落ちたなんて話は自分の周りでは聞いたことがありません。

ボーナス的に満了一時金も貰えるし、入社祝金も貰えるし、大変なこともあるが、何度も行く人も多い仕事でもある。

期間工を雇う会社はでかい

期間工が配属されるような会社は大きいです。

普通に敷地内にプールやジムがあったりします。

しばらく寮付きの仕事でじっと耐えるってのも、悪くないですが、耐えるにしては結構な設備が整っていたりします。

僕の経験からゆうと、中小企業で働くより、デカイ企業でアルバイトした方が満足度は高いです。

わざわざ正社員にこだわる必要はないのかなと思います。

なんせ、人材不足の世の中。世界的な大企業のトヨタですら終身雇用は無理とはっきり言ってるし。その企業に尽くしたい人がなれば良いだけです。

期間工は稼げもする

寮付きの仕事を選ぶ人って、家がない人もそうですが、出費を減らしたいって意図もあると思います。

なんせ、家賃、水道光熱費なんてばかになりません。

これが寮ならタダなんですから、しかし、期間工はこれだけではないです。

プラスの面でも大きいんです。

そう、収入面です。

給与の他に満了一時金なるまるでボーナスみたいな金が入ってきます。

もうね、素晴らしすぎますよ。

寮付き仕事なら、僕は期間工推しです。

まとめ

寮付きの仕事は非常にメリットが大きいです。

まだ、迷っている人には、やってみなよと声をかけたいですね。

一歩出たら観光地。そんな生活も短い間なら悪くないでしょう。

ぜひ、良い寮付きの仕事を見つけられることを願っています。

以上、ヒラマンでした。

期間工に興味が湧いた方はこちらの記事もどうぞ。

【完全版】なぜ出稼ぎには期間従業員が最適なのか。おすすめの理由を徹底解明!
こんにちはヒラマンです。 私が、実際に期間従業員を経験したのではっきり言います。 出稼ぎするなら、期間従業員を選択肢にいれないのはおかしい!! 期間従業員とは、最大でも約三年間しか働かせてもらえない場合が多い有期雇用契約で...

 

タイトルとURLをコピーしました