大学中退をして唯一後悔したこと。

大学中退
スポンサーリンク

大学を中退してから10年以上経ちます。

中退した初めの頃は、レールから外れると、情報とかがまとまっていなかったりして、中退の人向けの情報ないんか!!などと思っていました。

しかし、中退自体は自分で決めたことだし、しょうがないことだなと思っていました。

そんな自分が、唯一後悔したことがあります。

それは海外に行こうとした時に調べた、ビザについての悩みでした。

スポンサーリンク

自由な人たちへの憧れ

大学中退したことすら日常の生活では思い出せないくらいの普通の日々を送っていました。

色々と将来のことについて考えて、ちょうどノマドワーカーとゆう、どこにいても働ける人たちに憧れていた頃です。

そんな人たちはパソコンひとつで稼ぎを生み出し、会社に出社しなくても稼いでいるような人たちでした。

海外で、日本では味わえないような非日常的な生活を送っている彼らのようになるにはどうしたら良いのか調べていました。

しかし、あることが障害になっていることに気づいたわけです。

ビザが必要らしい

ビザとゆうのはさまざまあります。

国によって違いもあるので、種類について簡単に説明できないほどの量です。

観光ビザとゆう、短期的に滞在することを目的としたものは大抵どの国にもあり、簡単に取ることができるでしょう。

しかし、問題は労働ビザと言われるものです。

名前の通り、働くためのビザです。

先に述べた通り、国によって条件が違うんですが、この労働ビザは条件が厳しい国だと、大卒同等程度の証明が必要だったりします。

つまり、海外で働ける可能性がグッと減るわけです。

全てがダメなわけではない。

もう中退してしまった人は落ち込まないようにして欲しいんですが、全て無理なわけではないです。

国によって条件も違いますし、様々な条件が用意されている場合があります。

例えば、その業界の勤務経験が10年以上あれば大丈夫だったり、自分で経営していたら大丈夫だったり、資産が多額にあったら大丈夫など。

ただ、自分の場合、唯一可能そうだった大卒ってゆう条件を中退で逃したのは、ちょっと後悔しました。

まとめ

大学中退で困ったことなんてさほど多くなく、ちょっと嫌味言われるくらいなもんでした。

しかし、自分のやりたいことの障害が自分が中退したことにあって、ちょっとショックだったとゆう僕の思い出です。

ビザには色々種類もあるので、いきたい国があるなら調べてみると良いかもしれません。

以上、ヒラマンでした。

タイトルとURLをコピーしました