定額で本が読み放題?!キンドルアンリミテッドの僕の使い方。

読書・本

キンドルアンリミテッドとゆうサービスをご存知ですか?

定額で本が読み放題のサービスです。

最高なサービスのように聞こえるかもしれませんが、実は多少のデメリットもあります。

それは、全ての本が読めるわけではないんです。

最新の本とかは流石に読めなかったりします。

でも、新しい本読みたいなって思ってしまう自分は、普通に電子書籍をダウンロードして買ってしまいます。

でも、キンドルアンリミテッドは契約したまま、月額料金を払っています。

それはなぜか?

あまり読むのが乗り気ではない本を読むのに最適だからです。

必要に駆られて、本を読もうと思うものの、そんなに読みたくない。

まぁ、最悪、読まなくても良いんだけど。

そんな風に思う本はわりかしあるもの。

調べ物したいけど買うほどでは・・・。

そうゆう時に活用させてもらっています。

やはり新しい本は時代にある程度促しているので助かります。

とはいえ、古い本でも良いなと思うことも多々。

料金が親切

何しろ、料金が非常に親切です。

月額980円です。

2ヶ月に1冊の本を買えば、元が取れます。

普通の人でも、これくらいは読んでも良いのではないでしょうか。

特に読書家の方にとっては、正直なところ、なぜ契約しないのか不思議でしょうがありません。

と言っても、わからないわけではないですが、その理由のどれもがとるに足らない理由です。

なんのプライドか知らないが契約したら良いのにと思います。

無料期間がある

読書好きで、キンドルアンリミテッド使わないのは、ちょっと損してる気がします。

ちなみに、もれなく私は契約してますし、買いたくないなって本はこれで読みます。

最近で言うと、WEBデザインの本とかですね。

本格的に何かをやろうとする人だと、足りない部分はあるでしょう。

しかし、教養として知りたい。

そう思う人には、一応和書で13万冊取り揃えがあるので、コスパはきっと良いはずでしょう。

まぁ使ってみないとわからないんで、この機会に無料で試してみるべし!

以上、ヒラマンでした。

タイトルとURLをコピーしました