鳥羽のホテルに泊まってみたら割と良かった話【浜の雅亭 一井】

三重

時は新型コロナで世間が自粛ムードの中。

経済が停滞している。

売り上げが減ってマズイ!

 

なんて声がSNSやニュースで騒がれていました。

 

YOUTUBEなんかでも、交通系のYOUTUBBERの人が飛行機がガラガラ!

なんて動画も!

 

仕事をしながらぼんやり考え事をしていたらふと思いつきました。

そうだ旅行に行こう!!

 

安くなっているに違いない。とゆう安易な気持ちです。

実際安くなっていました(笑)

 

そんな時に出かけるなんて!!

とゆう声もありそうですが、ちまたで売り切れのマスクとか対策グッズがいろいろと在庫が自宅にあったり、仕事もほとんど人とかかわらない等、自分の条件も割と良かったので。(実際、鼻水一滴でてないので結果的にも問題なしでした)。

 

そんなことで土曜から日曜までの宿泊でしたが、平日料金で宿泊してきました。

 

宿泊したのは、浜の雅亭 一井とゆうホテルです。

なんでここ?

とゆう疑問は、実は値段ではありません。

 

えー、料理です。

旅行に行くと、素泊まりで夕食はご当地のものをさがしに・・・!

 

なんていつもやっていましたが、一人旅って、ご飯が鬼門。

なんか店の人にも申し訳なくなってしまう。

 

「ええい!それならいっそ豪華な食事付きのホテル予約してしまえ!!!!」

 

「そんで、三重県に出稼ぎに来てるのに、まだ、伊勢海老食べてねない!食わねば!!!」

 

とゆうことでネットで検索したところ出てきたのがこのホテルとゆうことです。

 

一人旅応援プランなるものがありました。

う、うれしい!

 

ちなみにこちらは、鳥羽駅まで送迎つきみたいです。

近鉄特急に乗って鳥羽駅へ。

 

どうやら鳥羽駅にはホテル送迎バスの駐車スペースがあるみたいです。

JR側の出口から出れば良いんです。

ちなみにこちらは道路挟んだ向かいにある観光お土産ショップのような建物から撮影しました。

 

 

海に寄ればきれいな写真が撮れそうですね。

今回は時間がなかったのでいけませんでしたが。

 

そして送迎バスに乗り込み、25分・・・・・・。

正直なところ、25分と書いてるけど、道路空いてそうだし早めに着くかな?と思ってましたが普通に25分かかりました。

 

そして何より驚いたのが、出発時間の10分前にバスに乗り込んだんですが、乗った瞬間に出発します。と言われました。

どうやら送迎バスを利用したのは自分だけ。なんとも贅沢な。バスだけど。とゆうかハイエースじゃ・・・?状況によりかわるのか?

 

一応、バスは予約制なので宿泊予約時に一言伝えておくとよいですね。

サイトから申し込むと、送迎バスの予約とかは特に選ぶ画面が出てきません。なので備考に記載しました。

「送迎バス希望 17:20」

とでも書いておけば大丈夫みたいです。わからなくて電話で確認しました。

今後変わる可能性もあるのでサイトで確認してみてください。

 

そんなこんなで到着しました。

こちらがホテルの部屋からの景色です。

 

 

 

海ちっか!!!!

超オーシャンビューです。

なんとホテルからビーチまで徒歩0分!!!(笑)

 

わりとビーチも綺麗っぽいですね。

これは夏とかやばそう。絶対良いわ。とゆうか冬でも景色で最高じゃんか。

ちなみに自分が行ったのは3月です。中途半端!

季節のせいか、新型コロナのせいかわかりませんが人は少なめでした。

 

地味にいつも旅館とか行くと楽しみなお菓子。

なんとゆうか。

しっとりした、あの、なんですかね。ちょっとほんとによくわからなかったです。

 

お食事タイムです。

プランによっては宴会場?のような場所で料理を出されるみたいですが、一人は人の目が気になりますので部屋食プランを選んでおります。

 

こんな感じです。

これにプラスしてご飯とてんぷらと茶碗蒸しもあとから来ます。

入りきらないので引きで撮影したら小さく見えますね。

なんでこんなに写真撮るのへたくそなんでしょうか。

 

おいしそうなのが多々あります。

 

ちなみに、この伊勢海老のコキール焼きが美味しかったです。

初の伊勢海老でしたが、自分はちょっと刺身は今後いらないかなと思いました。

刺身になると、普通のエビと変わんない。小さくなっちゃうし。

 

伊勢海老の良さは豪快に食べれることだと知りました。

茹でたりすると美味しいエビも、剥くのがめんどくさい、ちまちましてる。

なーんて思ってる人は伊勢海老ですよ。このボリューミーさは良いっすね。

 

また食べたいです伊勢海老。美味しいんで結構好きになりました。

 

そんなこんなしてる間にてんぷら等が到着。

いや、量多いな!(笑)

満腹だぞ。ちょっとご飯少なかったけどな。

と思ったら、最後にご飯のおひつを渡された。

もう食べ終わってるんですが・・・、食い意地張ってあちらの予想以上のスピードで食べてしまったんだろうか・・・。

なんか全く手を付けないのもなんだかなぁって感じだったので、余っていた漬物で二杯ご飯食べました。

それにしたってまだおひつの中にはご飯が。

空腹で困るようなことはないな、このホテル。

 

接客してくれたのは日本の方ではなかったけど、普通でした。

全体的にちょっと雑だが(笑)

こちらも別に仕事中ってわけでもないし、そんなに気の張ってない状態なのでジロジロ行動を見ない限りは気にはならないですね。まじめにはやってくれますし。

 

個人的に日本人アルバイトは横柄な人が多いと感じているので逆に良いです。

必死にやってると文句もでなくなりますからね。

言葉や環境の違いとかで大変だろうけど、聞こえるか聞こえないかの音量で客の悪口言ってる店員に出会う確率は日本人よりあきらかに少ないと感じます。

 

言うなら日本語使わないだろうし(笑)精神衛生上は良い(笑)

 

そんなこんなで食事も終わり、お風呂へ。

お風呂は、まぁ、ふつうです。

 

すっごい広いってわけではないです。

清掃は行き届いています。

 

温泉のはずですが、無臭。

温泉独特の体に対して効果ありそう感がまったく感じられない(個人的感想です)

 

ただ、これで効能があるなら良いなと思います。匂いがきついと洗うの大変ですし。

効果・効能の表示は見渡しても見当たりませんでしたが(笑)

 

成分表は掲げてあったので、何かはきっとあるんだろうと信じています。

どちらにせよ広い浴場で足伸ばして風呂に入れるだけでリラックスできてグットです。

 

ちなみに、サウナがあるから入ろうとしたら21時まででした。

そこはなんでだよ!と思いましたが(笑)

(風呂は0時まで)

 

食事も風呂も楽しんだら、あとはもう寝るまでまったりです。

あたりはすっかり暗くなっていました。

 

いや、海見えるって強いな。

どんな時間でもすばらしいよ。景色ですべて押し切れるよ、ホテル経営は立地が大事なんてよく聞くけど、駅近いだけが立地の良さじゃないね。ほんと。

 

かすかに波の音が聞こえて、強制リラックスだわ。

 

そしてぐっすり就寝。

して数時間後。

 

ん?ん?暑い!

どうやらカーテンを閉め忘れていたおかげで日の出とともに、自分に直射日光がじりじりと照り付けていました。

 

鉄板の上にのった目玉焼きにでもなった気分や。

寝る際はカーテンを閉めることをおすすめします。みんな閉めるか。

 

ちなみに朝の陽ざしはこんなにギランギランです。

なんか海の写真ばっかだな(笑)

 

そういえば富士山も遠くに見えることがあるらしいです。

いや、マジかよ。

タイミング良ければ最高ですね。

自分は陽ざしが強すぎて直視できませんでしたので、見えていたのかは不明です。

日の出直前とかが良いんでしょうかね?ホテルの方に聞いてみてはいかがでしょうか。

 

ちなみにエレベーターのところに、何月何日は見えた、見えない。のリストが貼ってありました。気になる人は要チェックですね。

 

チェックアウトです。

価格は19800円でした。

こんだけ料理がでて部屋で食べれて一人だと満足です。本当は2人とかだともっとコスパ良いんでしょうけどそこは一人旅。しょうがないかなと。なんせ伊勢海老!(笑)

 

フロントまで着いて清算しようとしたところ、靴を履かずにサンダルで降りてきたボケをかましつつ無事にお楽しみ終了。

 

帰りの送迎バスに乗りこみ。

「じゃあ、出発します!」

 

いや、だから俺しかのってねーよ!(笑)

しかも今度はハイエースじゃなくてちゃんとマイクロバスだなっ!

 

でもシーズンは混むかもな、なんせ徒歩0分ビーチだし。ちょっとそれも興味あるかもな。

まとめ

今回は珍しく食べ物を重点に宿泊場所を決めてみました。

実は、予約後に口コミを見てみると、星1つと高評価ががっつり分かれていて、うわ・・・やってしまったか?!

 

なんて思っていましたが、全然普通とゆうか、むしろ良いじゃん。ってゆうのが感想です。

たしかに、建物の部分的には古さを感じることはあります。

 

ただ、汚いとは違います。

古いだけです。しかも部分的に。エアコンとかもかなり新しくて能力高そうなのついてたし、設備の更新もしているんだろうなとゆう印象です。

そこの違いがわからない人が建物について低評価をしているのかなと思います。

 

個人的には良くここまできれいにと逆に良い印象ですけどね。

 

シンプルにまた来たいと思えるホテルでした。

さてこの後、同じ三重県内にある伊勢に行ってきました。またそのことについても書きたいと思います。

 

今回は以上で!ヒラマンでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました