工場の三交代勤務はつらいとゆう嘘と本当の話。

仕事

三交代勤務は辛いけど楽です。

もはや個人の好みなんですが、そこで終わるのも何なので、まとめてみました。

自分の印象では、結構はっきりと楽なところと辛いところが分かれているように思います。

楽なところ

三交代勤務は辛いだけじゃなく、楽なところもあります。

意外かも知れませんが、そちらの方が合っていると感じている人もいるようです。

人が少ない

夜間なので、出勤している人が少ないです。

やはりどこもそうですが、三交代といえども、日中の時間帯の方が人は多いです。

夜間の方が手当が高くつきますので、昼間でもできるような仕事の場合は昼間に仕事させた方が会社としてもお得なわけです。

そんなわけで夜は人が少ない場合がほとんどです。

たくさんの人との関わり合いがめんどくさいなと思っている人は夜の勤務がある方がストレスが少なくて済みます。

上司がいない

夜間の勤務の時は上司の数が減ります。

上司の数はいればいるほどストレスは貯まるもの。

それが会社として良い方に行こうが、どうなろうが、とりあえず楽ではあります。

やはりどんなに真面目な人でも、夜は気楽さが増しているように感じます。

そういった面で精神の休憩にはなる部分があります。

いつもの上司が、そのさらに上の上司がいない分、優しくなっているなんてことも通常です。

こういった面は嬉しいところですね。

通勤が楽

二交代の段階で、通勤時間は他の会社と違ってずれているため通勤は割と楽でしょう。

しかし、三交代の夜となれば、さらに車の交通量が少ないです。

さらに、工場自体は二交代で出勤している人がほとんど。

なので三交代の夜だと、自分の会社に出勤する同僚たちの会社付近の交通渋滞も無くなります。

通勤時間は何もできない時間であることも多く、無駄な時間になりがち。

そんな時間が減ることはメリットと言えるでしょう。

給料が多い

夜勤の方が手当が多いです。

必然的に給料が多くなります。

交代制勤務手当、深夜手当等々、会社によっては結構な額になります。

一番の恩恵であるのはやはりこのお金の面でしょう。

勤務時間が実は短い

実は三交代の夜の仕事は勤務時間が短いことが多いんです。

時間にして一時間半以上少ない場合もあります(自分働いていたところがそうでした。)

しかも勤務時間が短いのに、手当がガッツリついているおかげで、三交代の方が給料が多いんです。

正直、この勤務時間の短さのおかげで、3勤はアルバイト感覚で働けました。

時間もあるし、疲れも少ないしで家帰ってからの作業がはかどりました。

もし日中動きたいのであれば、どんな時間に予定入れても実現できるのもまた面白いところです。

辛い部分とは

良いところばかりじゃない、つらいことはあります。

比べてみて無理そうなら避けるのも手です。

定番ですが寝不足になります。

基本的に寝不足の場合が多いです。

自分の場合、二交代の時は、帰宅時間、起きる時間を考慮すると、大体、一勤と二勤では共通して4時間ほどの睡眠時間がありました。

詳しく書くと、00:30から04:30までの間は一勤でも二勤でも寝れる時間とゆうことです。

しかし、3勤の場合、その時間帯には働いていることになります。

勤務時間

  • 一勤 06:40〜15:15
  • 二勤 15:05〜23:30

一勤二勤共通の休み時間→(23:30〜06;40)

  • 三勤 23:20〜06:30

ちょうどかぶる!!

こうなると、睡眠の時間が完全にズレるわけですl。

一週ごとにずれていくので、次の日に寝る時間がいきなり入れ替わるとゆうことにはなりませんが、土日などでしっかりと入れ替えなければいけません。

コレはなかなか慣れるのは大変です。

とゆうか最後まで慣れません。

どこまで耐えられるかって話でもあります。

割と理屈的に、24時間で睡眠時間を作るのではなく、23時間ごとに睡眠をして、毎日1時間ずらしていくなんて方法もあります。

  • 三勤 一日目15時に寝る
  • 二日目14時
  • 三日目13時
  • 四日目12時
  • 五日目11時
  • 六日目10時
  • 七日目9時

とゆう風にずらしていきます。

二勤は23:30から15:05が空きの時間なので睡眠時間を被せることができます。

そうすることによって、勤務変更の際の負担を減らしたりできます。

30分ごとズラすとかでもOKです。

自分はこの方法と、何も考えずに寝たい時に寝るとゆうのを併用していました。

理屈ではそうだけど実際はうまくいかないよねって時と、ちょっと体がマジでしんどいなってゆう時に使い分けてます。

  • 理屈ではそうだけど実際はうまくいかないよね→寝たい時に寝る
  • ちょっと体がマジでしんどい→23時間で睡眠して一時間ずつズラす

こんな感じです。

色々試行錯誤してみるのが良いとは思いますが最初は何もわからないと思うので、参考にしてみてください。

体調が悪くなる

そもそも、夜勤ばかりしていると寿命が縮まるなんて話を聞きます。

体に良いとはいえないでしょう。

やはり寝不足が続くと、なんか体が重いなってことがあります。

さらに、食事の時間も不規則になりがちです。

初めのうちはどのタイミングでご飯を食べたらベストかなんてことのなかなか難しいと思います。

そうなると消化不良で胃に負担がかかり、胃が痛いなんてことにもなります。

ちなみに自分は、家に帰ってからは食べないようにしてました。

常に会社で食べるご飯が夜ご飯になるように早めに起きるなどの調整をしていました。

そうすれば、どれだけ疲れて帰っていたとしても、どんなタイミングで寝ても胃に負担はかからなかったですね。

やはり三交代なだけあって、変なタイミングで眠くなることが割とあります。なのでコレは結構有効でした。

そして三交代の場合、あまり、寮のご飯の時間に合わせすぎるのも良くないです。二交代や平常勤務が基準になっていたりするので。

自分の生活のリズムに合った食生活を心がけてください。

生活リズムの点で体に負担かかっている分、食事は大事です。

まとめ

今回、三交代のことについてまとめてみました。

意外とメリットあるなと思ったり、やっぱりキツイなと思うこともあったのではないでしょうか。

自分個人としては3勤は勤務時間短くて良いんだが、寝不足の状態の1勤とかはすごいシンドイなってことがありました。

まあ、こんなこと言うのもなんですが、結局のところ大きな悩みは眠たいってことです。

ポジティブに言えば、眠たいからって特に仕事できないわけではないし、立寝をしだすわけでもありません。

乗り切れるレベルの障害ではあります。

とはいえ、全力おすすめするものでもありません。

もしいけそうだなって思えばやってみるのもアリじゃない?

稼ぎたいなら手っ取り早いよ。

そんなアドバイスを私から送って今回は終了します。

以上、ヒラマンでした。



タイトルとURLをコピーしました