ネットショップの在庫管理は大変?!青色申告時に決算で困った話

Pocket

最近、確定申告が終わりました。

 

信じられないほど混んでました・・・。

 

ホントは初めての申告だったのでいろいろ確認してほしかったんですが、どうにも混みすぎてやる気が(笑)

 

そのままチェックを受けずに提出してきました。

 

だいたい、列が一時間待ちとかいわれたので、余裕を持って行ったほうが良いですね。

あと、車もえらい渋滞してたので注意です。

 

 

そもそも、この確定申告も自分で出来るでしょ。多分。

なーんて甘く考えていたらすごい時間かかったわけです。

 

何にそんな時間かかったかといえば、棚卸しでした。

 

そもそも、個人事業主としてやってるショップで決算棚卸が必要だったなんて驚きでした。

 

自分はぎりぎりで気づきましたが、実際に他の事業主の方で棚卸しなければいけないことを知らずにそのまま提出している人もいるみたいです。

 

そんなことで、こんなくだらないことで税務署の人が調査に来られても困るので、棚卸をしたわけです。

 

ただ、コレ。

初めから棚卸するつもりでいたわけではないんで、なかなか苦労しました。

 

 

そもそも、何が売れたのかはわかるけど、残りの在庫は一個一個調べないといけない状態でした。

 

なんとかショップに在庫登録をしていたので、助かる部分がありましたけど、自分でやってたらどんな感じだったのかと想像すると冷や汗かきます。

 

八百屋さんとかに密着している番組で、やたらパソコンをカタカタしているの見て、不思議に思っていましたけど、大事なことだったんですね。

 

エクセルで良いから在庫管理の表でも作っておけば良かったと思いました。

 

参考までに、必要な項目は

商品、価格、仕入れ価格、販売価格を商品ごとにまとめておかないと、あとでえらい目にあいます。

 

 

なんでそんなことしないといけないのかとゆうと、仕入れに使ったお金はもちろん経費ではあるんですが、その年に売れたもの以外は売り上げに貢献してないんだから経費じゃないでしょ?

ってな考えみたいです。(他にも理由あるかもしれません)。

 

 

えー!

まわりに商品あって空間として店を楽しんでもらえないと、商品一個ぽつーんとあっても客来ないよ!(笑)

 

なんて考えても、とりあえずルールには従わなければいけないわけです。

 

ぶつぶつ一人で文句を言いながら終えました(笑)

 

ただ、一つだけ助かったのは、仕訳の勘定科目がほとんど事業主借とかで済ませることができたことくらいでしょうか。

この勘定科目は個人事業主ならではですし、本当に助かりました。

 

これで個人のクレジットカードで払っても事業主借にしてしまえば、未払金とかの勘定科目は使わなくて良くなるんですから。目からうろこでした。

 

そもそも、簿記なんて使うことないわ!会社に入って経理なんてしないしな!と思って勉強せずにいた大学時代の自分を責めたいですね。

 

やっぱり人生役に立たないことなんてないと思いながら行動しないとダメですね。

 

これからも一つ一つ丁寧にやっていきます。

 

 

以上、ヒラマンでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA