大学中退者でブログ書いている者です。【あなたの将来の姿です】

雑談
スポンサーリンク

あなたがお探しの、大学中退者です。

ブログを書いているので、あなたの将来の姿のモデルケースだと思ってください。

おそらくこの記事にたどり着いた人は、大学中退者か、これから大学中退しようとしている人か、はたまた落ちぶれた人間を見に来た人でしょう。

たくさんブログを見て、そんな姿を見ていってください。

スポンサーリンク

大学中退後の説明

大学中退後はアルバイトを三つやりながら生活費を稼ぎ、その後警備会社で働いて、少し自営業やって、その後期間工をやり、法律系の資格取得のために勉強中の無職です。

経歴を見てわかる通り、ホント大学中退者って感じです。

ある程度歳を取ってから資格とろうとしているあたりとか結構モロです。

もちろん独身です。

大学中退後に辛かったこと

特にないです。

一発逆転を狙って大企業に入ろうとしたこともないです。

中途半端な企業に努力して入るのもしんどいしなとゆう感覚で、警備会社もアルバイトしていた会社にそのまま入りましたし、期間工はそもそもアルバイト並みに受かります。

ただ、両方とも給料は同年代のまわりの人達よりもらえていたので、その点は良かったかもしれません。

なので、夜勤とか、契約社員とかまわりからの目を気にしなければ割と普通の稼ぎを得ることはできます。

ただ、もっともっと歳を取っていったときには周りと比べて少なくなりそうな気はします。

羨ましくなったら、素直に羨ましいと思おうとしてます。

まわりの反応

友人たちからの反応は結構薄かったです。

両親の反応も薄かった記憶があります。

その後、一応仕事の面接を受けたりしましたが、特に大きな反応はなかったです。

営業職の面接を受けに行ったときには、「あぁ、中退かぁっ!」と元気よく言われたことがあります。

ただそれは、もう営業職の人のあの大きなリアクションな感じなだけで、それ以外の機会ではあまり大きな反応を受けたことはないです。

大きな反応をしてくる人はいないかわりに、バカにしてくるような反応をされることは何回かありました。

大抵、高卒の人でした。なぜなんでしょうね?

大学なんてピンキリなので、そんなに「大学」にコンプレックス抱かなくても良いと思うんですけど、普通にいまだに謎です。

中退を後悔したこと

当初はほとんどなかったんですが、実はちらほらあります。

例えば、海外に移住するビザを取ろうとするときに条件があったりします。

その中に大卒とかあったりします。

そのときに、「うわー」という気分になります。

実際に行ことしたわけではないんですが、選択肢が狭まっているなと感じました。

あとは、だれでもできそうな仕事やなと思っても、応募条件が大卒とかだったりすることがたまにあります。

そうゆうときにはやっぱり、残念な気持ちになったりはします。

専門、短大卒以上ってのが地味に迷います。

大学4年生の半分までは通ってるから、履歴書送ったら一応検討くらいはしてくれるんじゃないの?と思ったりします。

しかし、わざわざ受かるのに大変なところに面接受けに行こうという気持ちにはなかなかならないので、不明のままです。

ハローワークとかなら電話とかで聞いてくれると思うので、同じ境遇の人はチャレンジしてみるのもアリかもしれませんね。

まとめ

わりともう中退した自分に慣れてしまっているので、自然と大卒の条件が必要なところは避けていっているのかもしれません。

なので、大きなことはないと自分では思っているんですが、きっと周りの人が見たら違いを感じるのかもしれませんね。

いろいろと経験したことなんかをブログに書いていってるので、判断は任せます(笑)

また何かありましたら書きます。

以上、ヒラマンでした。

タイトルとURLをコピーしました