今どきブログなんて誰も見ないことを前提にするべき

ブログ

ブログはかなり昔からあるコンテンツです。

しかし、今でもそうかと言われればなんとも微妙なところではあります。

誰も見ない?

わざわざブログを見ようなんて思う人は昔より少ない

さあブログ見ようなんて思ってる人に出会ったことほとんどありません。

自分の学生の頃なんかは友人なんかがやっているブログを見に行ったりしたこともありますし、友人同士で見ることも割とありました。

しかし、今現在はそんな高校生はほとんど見たことありません。コンテンツとしてすごい流行を迎えているものではないなと感じています。

SNS発展の影響

その昔、SNSなんて一般的ではなかった頃はブログが唯一のSNS的なものでした。

しかし、それも昔話のようになっており、現在はブログ以外の様々なSNSが発展しています。

  • インスタグラム
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • ピンタレスト

ざっとあげても有名どころがザッと出てきます。

そんな中で、さあブログ見にに行こう。

なんて、ならないです。

ブログ書いている自分でさえ、ブログ見にいこうなんて気になかなかならず、SNSで満足しています。

「ブログ書いたら誰か見にきてくれるはず」ってゆうのは難しいのでは?と感じます。

もし人気のある芸能人とかなら可能性はありそうですが、少し例外的です。

YouTubeの台頭

ブロガーもYouTubeに進出

YouTubeでの投稿は割とブログなんかとかぶる部分があります。

しかも、本を読む人が減っている今では、文章を読む力も、読もうとする人も減っています。

そんな中、動画でわかりやすい説明だったり、ひと昔前ならブログに書いていたようなことを動画で撮影して、Vlogとして投稿している人なんかがいます。

ブログ投稿者にとっては、完全にパイを奪われた格好です。

昔の感覚でブログで稼ごうなんて思うと痛い目に遭うことになります。

やるならYouTubeやライブ配信の時代

今、世間で流行っているのは間違いなくブログよりYouTubeやライブ配信です。

そんな中でわざわざブログをやる必要もなく、見てくれる人も少なく、悲しい思いをする必要はありません。

「好きなことをして生きていく」ならブログである必要はなく、YouTubeやライブ配信を選ぶことをおすすめします。

特にブログである必要はないかなと思います。

それでもブログをやるのは文章が好きな人

続けよう、そして僕も仲間です。

YouTubeが出てきたり、ツイッチが出てきたりする中で、わざわざブログを書こうと思うような方、僕も同じです。

YouTube投稿を試しにしてみたりした時期が自分にもありました。

しかし、時間がたりず、選択と集中とゆうことで、ブログを選びました。

文章を書くのが好きですし、どんな状況でも書ける。

たとえ自分が病気で入院していても書くことができる。

そんなところがすごい気に入ってます。

好きなら長続きする可能性あり

実はブログを始める人ってすごく多いです。

自分も多くのブロガーにSNSで出会ってきました。

しかし、実際自分の周りのブロガーは、かなりいなくなってしまいました。

やはり結果を出すまでが大変ですし、他にやることもたくさんある中で全然成長しているように思えない状況では長続きしないのが現状です。

ただ、文章が好きなら長続きする可能性があります。

人からの批判だったり、うまくいかないことだらけで嫌になったりするのに、まだ続けようと思えるには好きとゆう気持ちは非常に大事だと思います。

自分もそんなにたくさんの結果を出しているわけではありませんが、休憩期間がたくさんあったのもありますが、やはり文章を書くのが好きだったとゆうのがあります。

文章が好きな気持ちを大事にしていきましょう。

戦略に気をつけよう

ブログを見ようって人がいないのに、ブログのみは注意

今まで書いてきたように、ブログをさあ見ようって人が少ないのにも関わらず、昔と同じようにブログのみで勝負しようとするのは危険です。

「人が集まるコンテンツ」にも手を出して、相乗効果を狙っていきましょう。

ツイッターだったり、インスタグラムだったり自分の得意なSNSで人を集めることが割とブロガー界では常識となっています。

YouTubeなんかでも良いわけですが、時間がかかるのさえ受け入れればやってみても良いと思います。

まとめ

正直、ブログだからって理由で見る人はほとんど今ではいないと考えていいでしょう。(もちろん必要な情報を取得しようとして、結果的にブログに辿り着く人はいますが)

実際、見るのはブロガーが多いです。

ブログを書く人はブログが好きだったりします。

なので、ブロガー同士の競合だからってあまりブロガーを避けすぎないようにしましょう。

あなたのブログを見てくれる人も減ってしまうことになるかもしれません。

以上、ヒラマンでした。

タイトルとURLをコピーしました